少しずつ変わってきた2匹の関係。トイプ『はろ』を見守り続ける柴犬『うに』の優しい姿に感動。

少しずつ変わってきた2匹の関係。トイプ『はろ』を見守り続ける柴犬『うに』の優しい姿に感動。

1057

連載17回目。酉の市も終了し、今年ももうわずか。毎年そんな年越しだけれど、反省も活かされずまた同じ勢いと速さで新年を迎える、のでしょう。人生は繰り返し。その繰り返される毎日をいかに大切に出来るか、ですね。わんこの一生はもっとすごい速さで流れているのですから大切にしたいです。

1057

はろのあれから。

白内障の診断を受けたはろ。もちろん今現在、何不自由なく過ごせています。 何もかわらない元気なよく走るボール大好きなはろです。 ただいつ症状が出てくるのか、白内障とは何を持っていうのか、どういう症状が出てくるのか。 苦しいのか、痛いのか。 治療の手立てはあるのか。 検査費用等どれくらいになるのか。 ネットの情報ばかり。

何も変わらないはろ。 うには相変わらずはろに優しく。 少しうには甘えん坊になったかな。留守中に何かあったら不安なのかなと思ったり。

検診に。

獣医さんにいきました。 はろの目の状態がどのくらいなのか。 進行性のものかどうか。 結果、我々獣医でも普通の健康診断だったら見逃してしまうくらいごくごく初期の白内障です、と。 はろ自身は視覚で全く苦労はしていませんと。 光もうにと同じもの、視野も同じ。 何ら問題はありませんよと。 本当によく気がついた、というレベルですと。

前回書いたようにうにのおかげなの。 庇うようにはろに優しいうに。 おかげで最近甘えん坊です。 とにかく白内障になったことは悲しいけれど、進行の予防手段はあるのでホッとしました。

目薬。

予防のためにこれからずっと使うことになります。 嫌がらずにきちんとさせました。

これは効果も見られていて悪いものではないので使いましょうと。 それで少しでも白内障の進行、手術が遅れればいいのです。 前向きに。 心配ばかりしていてもだめ、向き合わねばならないから、予防策があっただけでも感謝すべきなのですね。

根気強く。 子供を育てていくのと同じ。 地道に根気よく。 試しにうににも。大丈夫うにも目薬嫌がらない。 これからシニア期に入るうに。 ケアは入念に。 嫌がる行為は少なく、我慢もしてもらえるように。

次のページ最近のうには…
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
おすすめコンテンツ 人気のおすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー