固い絆で結ばれている。種を超えた動物の心打たれる15の物語。

固い絆で結ばれている。種を超えた動物の心打たれる15の物語。

2133

悲しいことにこの世の中には、動物は繊細な感情などもたないと信じている人たちがいます。しかし、種を超えて友情を育む動物たちのお話に触れ、彼らの写真を見れば、動物には私たち人間と同じように、相手を思いやったり愛情や友情を感じる繊細な心が備わっていることがわかるはずです。

2133 |

異種間の友情は、動物がもつ繊細で複雑な心のあらわれ

ここでご紹介する写真は、見ているだけで心あたたまるようなものばかりですが、ここでもう少し深く考えてみましょう。これらの動物たちは、一体どうして、種類を超えてまでも友情を築くに至ったのでしょうか?

imgur.com

とりわけライオンや犬、ゾウといった動物は、社会性を非常に重視し、他の動物たちとの関係性やネットワークを築く能力にたけていることが知られています。強いつながりを感じられる群れに属していないような状況ではこの傾向はさらに強まり、種族を超えたところにでも積極的に社会的なつながりを求めていくことは十分に考えられます。 群ではなく個で生活する他の動物たちのケースでは、幼いころから長い時間を一緒に時間を過ごしたり、親代わりにお世話をしてくれた動物とは、種を超えてでも強い結びつきを形成する可能性があります。

www.boredpanda.com

理由はなんであれ、これらの写真を見れば、動物たちは私たちが想像する以上に、複雑で繊細な感情をもっているのではないかと考えさせられますね。お互いの存在を心から楽しみ、慈しんでいる動物たちの様子は心に響くものがあります。「友達っていいな…」そんな気持ちにさせられる写真の数々をお楽しみください。

1. アフリカゾウのバブルと、犬のベラ

孤児だったバブルのかけがえのない友達になったベラ

www.myrtlebeachsafari.com

「うっひょ~高いな~!」 「用意はいいか?」

www.myrtlebeachsafari.com

「ダーイブ!!!!」

www.myrtlebeachsafari.com

アフリカの象牙の密猟から救い出されてアメリカの自然保護区に連れてこられたバブル。この自然保護区にいたのが黒ラブのベラです。その極端な体のサイズの違いにも関わらず、バブルとベラは大親友になりました。

この二頭が大好きなのは水遊び。ベラはバブルを飛び込み台にして、バブルの頭の上から水中に飛び込みます。
故郷を離れ、群れからも引き離され、孤独だったバブルの心の隙間をうめたのが、やんちゃで元気いっぱいなベラだったのです。
出典:http://www.boredpanda.com/elephant-dog-friendship-bubbles-and-bella/

2. キリンのビアと、ダチョウのウィルマ

僕たち首の長いところは同じだけど…それ以外はさっぱり似てないね。

www.boredpanda.com

今日も水辺で穏やかに過ぎてゆくふたりの時間 言葉は交わさなくとも、こうして一緒にいるだけで心満たされるのでしょうね

www.boredpanda.com

ビアとウィルマは、アメリカにあるサファリパークで暮らしています。このサファリパークの大きさは、なんと65エーカー(約80000坪)!これだけ広々とした場所で、この二頭がわざわざ同じ場所にいる理由などありません。誰に言われるでもなく、お互いを毎日のように訪ね合い、共に時間を過ごす…それが友達なのです。
出典:http://www.boredpanda.com/unusual-animal-friendships-interspecies/

3. 犬のティニーと、野生キツネのスニッファー

まるで仲良しカップルのような写真のうつりかた

www.facebook.com

「スニッファー、森のオモシロ話聞かせてよ!」 「え~またその話かよ!」

www.facebook.com

www.facebook.com

飼い主さんはこうして二匹の後を、微笑みながらゆっくりとついて回るのでしょうね

www.facebook.com

ノルウェイの森の中で偶然出会ったティニーとスニッファーは、その日以来大親友になりました。ティニーの飼い主さんは、この二匹が森の中でのびのびとはしゃぎ回る姿を、写真におさめ続けています。
出典:https://www.facebook.com/torgeir.berge.16

4. 犬のトルキーと、フクロウのシュレック

心なしか似てきたような…

www.boredpanda.com

お気に入りのソファでお気に入りのテレビ番組を観る至福の時間

www.boredpanda.com

トルキーはシュレックが生後8ヵ月の時に親代わりとなりました。シュレックのお母さんがストレスから小鳥たちを食べてしまう可能性があったため、親元から引き離されたのです。それ以来ずっと一緒に時間を過ごしているこのふたり。今ではすっかり大きくなったシュレックも、まだまだ甘えん坊でトルキーにべったりです。
出典:http://www.boredpanda.com/unusual-animal-friendships-interspecies/

5. 犬のフレッドと、コガモのデニス

「お母さん訳なら任せて」といわんばかりのフレッド

www.boredpanda.com

www.boredpanda.com

母親がキツネに襲われて死んでしまったデニスは、その小さい体で途方に暮れていました。そんなデニスを助け出したのが、フレッドとその飼い主さんです。その日からデニスのお母さん代わりとなってせっせとお世話に明け暮れているフレッド。フレッドが他の動物の里親になったのは、実はこれが初めてではありません。過去には鹿のお母さん役もつとめました。
出典:http://www.boredpanda.com/unusual-animal-friendships-interspecies/

困っている小さな赤ちゃんを見ると放っておけない…フレッドは、そんな優しい心の持ち主なのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー