ウイルス性疾患を抱えた『羽のないインコ』。飼い主さんの優しい気遣いでキュートな姿に大変身!

「PBFD」と呼ばれるウィルス性疾患によって羽毛を失ってしまったインコ。彼女は長い間誰も引き取り手が現れず、動物病院で飼われていました。その獣医さんのSNSをたまたま目にして引き取ることにした現在の飼い主さん。そんなインコと飼い主さんの楽しく幸せそうに過ごす日々の写真を是非ご覧ください。

ウイルス性疾患を抱えた『羽のないインコ』。飼い主さんの優しい気遣いでキュートな姿に大変身!

羽毛を失ったインコ

インコの名前は『Rhea』。アメリカのマサチューセッツ州ボストンで暮らす2歳のメスのボタンインコです。 彼女は「PBFD」と呼ばれるウィルス性疾患によって羽毛を失ってしまったのです。 そんなインコの飼い主は、グラフィックデザイナーをしているというIsabella Eosenmanさん。

元々このインコは動物病院で飼われていました。 長い間誰も引き取り手が現れず、たまたま獣医さんのSNSで見かけて一目惚れをしたIsabellaさんがインコを引き取る事になったのです。

いつもオシャレで可愛い洋服を着ているRhea

お洒落インコの「Rhea」寒さ対策もバッチリ!だね♪(笑)

元気に鳴く姿は普通のインコと同じ

素敵な飼い主に出逢えた「Rhea」は、きっと幸せな日々を過ごしている事でしょう。 Rheaの病気は年に1度だけ血液検査が必要との事ですが、それ以外の特別な治療はないそうです。 これからも病気と闘いつつ、前向きに楽しく生きていって欲しいです。

\ 「Rhea」のInstagramはこちら♡ /rhea_thenakedbirdie

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連する記事

このまとめのキュレーター

アットハート|心に響くニュースを提供するメディアmofmo同盟

「@Heaaart」はあ!と驚く動画、思わず笑ってしまう動画、感動して泣いてしまう動画など様々なコンテンツをお届けします。

http://heaaart.com/post/tag/kawaii