少女とキツネが創り出す幻想的な世界。おとぎ話のような2人の姿に自然と引き込まれる。

写真家アレクサンドラ・ボチカリョーワさんの作品「Autumn and Winter(秋と冬)」はまるでおとぎ話に出てきそうな写真ばかりです。登場人物は少女とキツネ。2人が共有する燃えるような赤毛がとても魅力的で、目が離せません。そんな素敵な赤毛たちの魔法にかかってみませんか。

少女とキツネが創り出す幻想的な世界。おとぎ話のような2人の姿に自然と引き込まれる。

神秘的な赤毛の力

ウズベキスタン人の写真家アレクサンドラ・ボチカリョーワ(Alexandra Bochkareva)さんが撮影した写真です。
出典:https://www.facebook.com/alexandrabochkarevaphotography/

色彩がとても美しく、とっても幻想的なのです。

赤毛の魅力

写真のモデルに選ばれたのは赤毛の少女。
ボチカリョーワさんが、好んで撮影するのが赤毛の人たちです。

出典:https://www.facebook.com/alexandrabochkarevaphotography/

確かに写真の中でも燃えるような赤色はとても印象的ですよね。

今回のボチカリョーワさんの作品「Autumn and Winter(秋と冬)」はそんな美しい赤が二倍楽しめます。
今回、モデルに選ばれたのは、

赤毛の美女ポリーナ(Polina)とオルガ(Olga)

そして訓練を受けたキツネのアリス(Alice)

です。
出典:https://www.facebook.com/alexandrabochkarevaphotography/

ボチカリョーワさんが構えるロシア製の一眼レフのレンズ「MCヘリオス77M-4」。

その先には印象的なモデルたちの姿。

目が釘付けになる作品ばかりです。

”冬”の始まり

ボチカリョーワさんは、赤毛にそばかすといったまるで”赤毛のアン”のような少女を被写体に選ぶことが多いそうです。

写真を見ると、そんな少女達の魔法にかけられたかのようにうっとりしてしまいます。

サンクトピチルブールク在住のボチカリョーワさん、外での撮影が多いそうです。

特に自然の緑があふれる背景、それが燃えるような赤毛の赤色をとても際立たせてくれます。
出典:https://www.facebook.com/alexandrabochkarevaphotography/
ボチカリョーワさんは2012年に写真家としての人生を歩むようになったそうです。

きっかけは、出産。

出産を経験して彼女の中で何かがくすぶり始めていたそうです。

それが、大きくなりこんな素晴らしい作品という形で世の中に現れたのです。
出典:https://www.facebook.com/alexandrabochkarevaphotography/
ボチカリョーワさんは初め被写体として選んでいたのは、家族や友人だったそうです。

時が経つごとに、雄大な自然を取り入れ人々の自然な美しさを撮影するという彼女の独特な撮影スタイルへと発展してきました。
出典:https://www.facebook.com/alexandrabochkarevaphotography/

とっても幻想的な写真の数々。

少女たちの魅力に負けないくらい神秘的なオーラを漂わせていた魅力的な赤毛のキツネ、アリス。

どの写真もその目力に圧倒されます。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連する記事

    • アメリカンショートヘアってどんな猫?性格・毛色・特徴から考える飼い方を知ろう!

    • アメリカンショートヘアってどんな猫?性格・毛色・特徴から考える飼い方を知ろう!

      「アメショー」の略称で親しまれる、とってもキュートな猫の歴史は、非常に長いもので、多くの飼い主さんを魅了し、ペットショップでも猫の品種で最も人気のある種類として、猫の代表的なものになっています。人気の秘密、性格、歴史から今日に至る経路、そして特徴から飼い方、選び方まで完全網羅してお届けします。

      コメント

      アメリカンショートヘアはよく見る猫ちゃんなんですけど、性格などについては私はほとんどと言って良いほど何も知りませんでした。なので今回、アメショーの性格や特徴などを知って、その魅力を別の角度からも再認識することができました。

      17820
    • 【犬の気持ち】犬が目を合わせる理由3つ!

    • 【犬の気持ち】犬が目を合わせる理由3つ!

      本来犬は目を合わせるどころか、目をそらすことの多い生き物です。その犬が飼い主と目線を合わせようとするなんてどういうことでしょうか。何か熱い視線を感じる。その視線の先に愛犬の熱いまなざしが!一体何を訴えているのでしょうか?犬が目線を合わせる3つの理由に迫てみましょう。

      コメント

      うちの子はジロジロ見て来ますね~これは大好きのジロジロですね。もう尻尾はフリフリしてるし、ジーーーッと見つめてくるし、本当に私のことが好きでたまらないんだな~って全身で訴えてくれるので本当に嬉しくなってしまいますね。

      27005
    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後6ヶ月になると、子猫も永久歯が生えそろってきます。人間で言えば思春期にさしかかる頃。親猫がいる場合は自立の時期であり、お留守番もできるようになります。また「噛む」癖など問題行動も、直してあげるならこの時期。生後6ヶ月の猫の育て方を解説します。

      コメント

      生後6ヶ月くらいから徐々にお留守番ができるようになるんですね~。とはいえまだまだ1匹だけで丸一日過ごさせるっていうのは不安だなぁ。短時間の留守番ならできるんだろうけど、やんちゃな盛りだから何をするか分からないですしね~。

      23842
    • パグとフレンチブルドッグの違いって?価格,性格,特徴について解説(写真)

    • パグとフレンチブルドッグの違いって?価格,性格,特徴について解説(写真)

      ブサカワの2トップのパグとフレンチブルドッグですが、鼻ぺちゃ、短毛、いびきをかくという特徴が似ているので、どっちがパグかフレンチブルドッグか混乱している人も多いようです。比べて見れば全然違うのに驚かれるかもしれません。性格、特徴、価格などそれぞれの違いについても楽しく比べてみてくださいね。

      コメント

      シワが多いのがパグ、少ないのがフレンチブルドッグなんですね。このポイントさえ覚えていれば、簡単に区別が付けられそうな気がしてきました。なんとなくの違いはわかるんですけど、はっきり判断ができないのが悩みでした。ポイントを掴んで、見分けられるようになります!!

      18440
    • アラスカン・クリー・カイってどんな犬?性格や特徴、しつけや飼い方まで解説!

    • アラスカン・クリー・カイってどんな犬?性格や特徴、しつけや飼い方まで解説!

      「アラスカン・クリー・カイってどんな犬か知ってる?」と尋ねてみると、答えは「どんな犬?」と逆に質問されてしまうくらいです。まだまだ日本では知られていない犬です。いったいどんな特徴の犬でどこに魅力があるのでしょうか?しつけは難しいのでしょうか?

      コメント

      聞きなれない名前で、何回か読み返してしまいました。ちょっと長いですね、、。最初の写真は、黒白の柴犬かな?と思いましたが、二枚目以降の写真はハスキーそのものだなって感じました。目が大きくて、耳がキツネみたいに尖っていて特徴的なルックスが可愛いですね〜。

      12877
    • 猫の首をつかむのって大丈夫?つかみかたのコツなども解説。

    • 猫の首をつかむのって大丈夫?つかみかたのコツなども解説。

      親猫が子猫の首をつかんで運んでる様子を見た事がありますね。でも人が猫の首をつかむと非難されることが多いです。本当に虐待になるのでしょうか?つかんでもいい場合はどんなつかみ方をすれば猫に気持ちいいと感じてもらえるのでしょうか?

      コメント

      実際に猫の首を掴んだことは一度もないのですが、親猫や親パンダが子供の首を口で軽く噛んで移動させている様子を何度か見たことがあるので、人間も猫の首を持つのは大丈夫なんだろうと考えていました。でも、メリット・デメリットの両方があるのを知ると、改めて深く考えさせられましたね。答えがはっきりと出ない、難しい問題です。

      10966
    • 色別にわかる猫の特徴。瞳の色を写真付きで解説。

    • 色別にわかる猫の特徴。瞳の色を写真付きで解説。

      猫の瞳の色は、グリーン、ヘーゼル、アンバー、カッパーなどと表現されます。なぜこのような色の違いが現れるのか、についてまとめました。また子猫のときに現れるキトンブルーという瞳の特徴や、左右で違う瞳の色をもつ猫、瞳の色の変化からわかる病気の兆候なども解説します。

      コメント

      目の色で性格も変わってくるのかな?不思議〜!まぁ、確かに遺伝の関係もあるから多少は関係してるのかもね。おもしろいです。

      22323
    • 犬のスロープで犬のケアをしよう。価格や種類、手作り方法について

    • 犬のスロープで犬のケアをしよう。価格や種類、手作り方法について

      人が年を取ると足が上がらなくなるのと同じように、犬も年をとると階段や玄関の段差が上がれなくなります。そんな犬でも段差のところをスロープにしてあげると、すいすい登っていきます。できるだけ、抱っこはしないで自力で生活できるようにしてあげたいものですよね。

      コメント

      犬のスロープが手作りできるとはすごいですね。スロープの上を犬が通ることになるので、安全にはこだわって作らないといけませんね。しっかりした物を作らなければと思います。作るにしても、それなりにDIYの基礎知識がないと難しいかもしれません。

      20723
    • 豆柴の成犬の大きさはどれくらい?普通の柴犬との違い

    • 豆柴の成犬の大きさはどれくらい?普通の柴犬との違い

      柴犬よりもっと小さい柴犬を飼ってみませんか?「豆柴」といわれていますが、豆柴の大きさはどのくらいでしょうか?一般の柴犬とどのくらい大きさが違うのかを比較してみましょう。豆柴は成犬になっても小さいのでとってもかわいいですよ!

      コメント

      豆柴っていう犬種はないんですね、それは知りませんでした。豆柴が認められないのには何かしらの理由があるんでしょうか。この点が気になります。豆柴は最近になってよく目にする種類な気がするので、これが関係しているんですかね。

      16137
このまとめのキュレーター

green

わんちゃん、ねこちゃんファンです。家庭環境の都合で現在はペットを飼っていませんが、夢はペットの飼える家に住むことです。

おすすめコンテンツ

心に響くコンテンツ!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!