神社で飼育され神聖な存在であるはずが…神感ゼロな一面が撮られ話題に!

神馬(しんめ/じんめ、かみうま)とは、神様がのると言われている馬です。 しかし、このたび意外な姿が撮影され、話題になっています。

神社で飼育され神聖な存在であるはずが…神感ゼロな一面が撮られ話題に!

神々しい立場にいる神馬

神馬の奉納は奈良時代から行われていましたが、いまでは絵馬に置きかわっています。 今でも10社ほどの神社で飼育されていますが、サラブレッドなどを一時的に神馬としてあつかうこともあるそうです。 (ちゃんとしている時の御神馬さん)


このように

「神様の馬」

という神々しい立場にいる神馬ですが、このたび意外な姿が撮影され、話題になっています。

御神馬さんが一体どんなことになっているのか?

「せっ、せっ、せなかかゆい」

確かに神様感がゼロですね。

日本の神様には神殿でわざと粗相をして姉を泣かせる神様や、姉弟げんかでひきこもるような神様もいますので、神馬がこんな風でも決してお怒りにはならないでしょう。 日本の神話、面白いのでお勧めです♪

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

アットハート|心に響くニュースを提供するメディアmofmo同盟

「@Heaaart」はあ!と驚く動画、思わず笑ってしまう動画、感動して泣いてしまう動画など様々なコンテンツをお届けします。

http://heaaart.com/post/tag/kawaii