怪我をした生後6ヶ月の捨て犬にローンを組んだ女性。その決断と行動力に心打たれる。

ある日友人とのドライブを楽しんでいた女性は、道路の脇の衝撃的な光景に目がとまりました。そこにいたのは怪我をしていた1匹の犬。見知らぬ犬に女性は優しい行動にでます。

怪我をした生後6ヶ月の捨て犬にローンを組んだ女性。その決断と行動力に心打たれる。

レナータさんが見た光景

2014年夏、アメリカ・テキサス州オースティンで友人とのドライブを楽しんでいたレナータ・タネヤヴァさんは、道路の脇の衝撃的な光景に目がとまりました。

そこには、

足を引きずっている犬

がいたのです。 怪我をした1本の前足に体重をかけることができず、3本足で何とか歩いていて、痛みで声を上げて鳴いている状態でした。 そんな犬を放っておくことはできず、レナータさんは急いで動物病院に連れていきました。


病院での診察の結果・・・

レナータさんに助けられたこの犬は、生後たった6ヶ月の子犬でした。 前足を骨折しており、健康状態もかなりひどかったため、高額手術が必要との診断を受けました。 飼い主や住所などが分かるものは一切身に着けていなかったため、病院側はレナータさんに支払いをどうするのかと訊ねます。


レナータさんの答え

彼女が首を縦に振れば目の前の犬は助かりますが、そう簡単にうなずけるほど手術代金は払えるような額ではありません。 しかし、もうひとつの選択をすれば、この犬は安楽死の道を選ぶことになるでしょう。 ほっとけず病院に連れてきたことで、大きな選択を迫られることになってしまったレナータさん。


彼女は、見ず知らずの一匹の犬にどのような決断をするのでしょうか?

怪我をした子犬を手術させるのか否か・・・

レナータさんは生後間もない子犬を見殺しにすることはできないと、なんと見ず知らずの子犬の高額手術支払いために、『ローンを組む』ことにしたのです!


キーラと名付けられたこの子犬は、1回目の金属片とネジを取り付けるための手術と2回目のネジを取り除くための手術を受けなければなりませんでした。 そしてすべての金属を体から取り除くために3回目の手術を終えた、キーラはレナータさんの元へ引き取られました。

レナータさんと子犬の新しい生活

一刻も早くキーラが心身ともに良くなって、色々なことをできるようになることが待ち遠しくてたまらなかったレナータさん。 キーラと暮らすようになって6ヶ月後、様々なイベントを催して、2人の生活を彩ります。 キーラの誕生日会を開催したり、


一緒にクリスマスも祝いました!


キーラの存在

キーラはレナータさんが出会った中で最も愛情深く、敬愛できる存在だそうです。 そしてキーラとの出会いは『運命』だと信じているレナータさんにとって、キーラは『お金より価値のある、生活の全て』になりました。 レナータさんに発見された時は足を引きずっていたキーラも、今ではドックランに参加できるまでになり、毎日元気よく走り回れるようになりました。 また、キーラを保護したことで得られた、素晴らしい友情と幸せをたくさんの人に知ってほしいと話します。


犬を飼おうと思っていたわけではなかった一人の人間が、たまたま出会った見知らぬ犬のためにローンを組んでまで助けてあげるなんて、彼女は本当に素晴らしい人ですね。 レナータさんのようにはできなくても、自分ができることを少しづつすることで、助けられる命が増えるかもしれませんね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

アットハート|心に響くニュースを提供するメディアmofmo同盟

「@Heaaart」はあ!と驚く動画、思わず笑ってしまう動画、感動して泣いてしまう動画など様々なコンテンツをお届けします。

http://heaaart.com/post/tag/kawaii