猫がトイレで排泄しないのはトイレが原因?考えられる原因と対策

猫を飼っている家庭では、必ず猫用のトイレを設置していると思います。しかし、今まではトイレで問題なく排泄をしていたのに、突然トイレ意外の場所で排泄をしてしまうことはありませんか?猫がトイレで排泄をしない原因と、対策についてご説明いたします!

猫がトイレで排泄しないのはトイレが原因?考えられる原因と対策

猫がトイレで排泄しない原因


マーキング

猫も犬と同様にマーキングをします。 猫がトイレで排泄をしない原因としては、猫は部屋の中をマーキングしていることが考えられます。 マーキングをしているという特定はしやすく、尿の量が少ない場合には、マーキングが原因でしょう。 また、普段の排泄の姿勢にならず、猫が立ったまま排泄をしているときは、マーキングであるといえます。 マーキングは、家具や柱等にすることが多いです。 マーキングを対策することは難しく、去勢や避妊手術をしないとマーキングはなかなか治すことは出来ないでしょう。 猫がトイレ以外で排泄をする原因は、マーキングが主な原因です。

体調が悪い

猫がトイレで排泄をしない主な原因は、マーキング以外にもうひとつ。 それは、猫が病気であることが考えられます。 泌尿器系の病気を発症すると、排尿するときに痛みが生じるため、トイレ以外の場所で排泄をしてしまうことがあります。

以前にトイレで痛い思いをしたことがある


これは上記の病気になってしまったときに繋がります。 以前にトイレで排泄をした際に、病気が原因により痛い思いをしてしまったことがある場合、トイレに近寄るとその痛みを思い出してしまい、トイレで排泄をしたがらないようになります。

トイレが汚いため使用したくない

猫は綺麗好きな動物であり、汚い場所が嫌いです。 そのため、排泄物が放置されているような汚いトイレでは、排泄をしたがりません。 一度トイレに入ったのに、排泄をせずに出てくる場合には、トイレが汚いことが原因であると考えられます。

飼い主に構ってもらえるから


猫がトイレで排泄をしないで、別の場所で排泄をした際、飼い主はびっくりして猫を叱ったりすることがあります。 この猫に対する叱責は、猫にとっては構ってもらっているのと同じです。 そのため、猫はトイレで排泄をしないで別の場所で排泄をすると、飼い主に構ってもらえると学んでしまっているため、トイレ以外の場所で排泄をしてしまいます。 この対策としては、猫がトイレ以外で排泄をしても、叱ることはしないで、黙々と片付けることが効果的です。

ストレスによるもの

ストレスが原因となって、トイレで排泄をしないことが考えられます。 猫が現在の飼育環境に不満があり、ストレスが溜まっている場合、トイレ以外で排泄をする等の問題行動が起きることがあります。 ストレス対策として、猫じゃらし等で適度な運動をさせてあげることが一番です。 また、日頃から猫のことを構ってあげるようにし、ストレスを溜めさせることのないようにしましょう。

猫がトイレ以外で排泄をしてしまう対策方法


トイレの環境を常に快適にする

先ほどご説明したとおり、猫は綺麗好きな動物であり、汚いトイレでは排泄をしないことが多いです。 トイレを汚い状態にせず、常に清潔にすることが一番の対策です。 また、猫はトイレの環境も重要な対策方法となります。 フタがついたタイプのトイレは、排泄物のニオイがこもってしまい、汚いものがきらいな猫がニオイを気にしてしまうため避けたほうが良さそうです。 また、大きさにも気をつけることで対策になります。 大きさは猫がひととおり動きまわれるくらいの大きさが必要です。 子猫や老猫がいる場合は、トイレに行くのにつらくない高さにしてあげることも、ひとつの対策です。 また、ごちゃごちゃしている汚い場所にトイレを設置することはおすすめしません。 猫のトイレの設置場所は、まわりに何もなく、壁に面した場所に置くと、トイレで排泄をしない対策になります。 トイレの砂が気に入らないことも考えられますので、排泄物をしっかりと消臭する砂がおすすめです。 もちろん、猫が排泄をしたら汚いため、すぐに取り除いてあげることが、一番の対策になります。 猫がトイレ以外で排泄をしないように、常にトイレを汚い状態にしない等、原因を取り除くことが大事です。

排泄してほしくない場所で排泄を出来ないようにする

猫がトイレで排泄をしないことの対策方法としては、そもそも排泄してほしくない場所で排泄を出来なくさせれば良いのです。 また、猫は一度違う場所で排泄をすると、何度も同じ場所で排泄してしまうことが多いです。 そのため、排泄してほしくない場所に荷物を置いたり、歩きにくくすることで、猫はトイレ以外では排泄をしないようになるでしょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。