ビニール袋にいれられ、崖の下に捨てられていた子犬…そんな彼を救ったのはSNSだった。

ブラジル在住の女性・マルシーアさんは散歩の途中、我が目を疑うような光景を目にしました。 なんと、ビニール袋に入れられた一匹の犬が崖の下に放置されていたのです。

ビニール袋にいれられ、崖の下に捨てられていた子犬…そんな彼を救ったのはSNSだった。

SNSが助けた1つの命

ビニール袋に入れられた1匹の犬をみつけた女性。

ただちに救出しようとしましたが、崖は彼女一人では降りられないほどのものでした。 そこでマルシーアさんはFacebookで助けを求めることにしたのです。 彼女は動物保護団体に所属している一員。 さっそく参加しているメンバー1300人に向けて、メッセージを投稿しました。

捨てられている子犬を助けたいけど、崖が急すぎておりられないの! どなたか手伝ってくれませんか?

そう投稿した後、しばらくすると…

マルシーアさんが画像とメッセージを投稿すると、すぐに多数のコメントが寄せられました。 そして現場の近くで医療事務員として働いているオリベリアさんという女性が、同僚の看護師と2人で駆けつけてくれたのです。

マルシーアさんがFacebookに投稿してから、オリベリアさんらが到着するまで、30分もかかりませんでした。 そのおかげで、子犬を無事に救出することができたのです! しかし、犬の入っていたビニール袋には排せつ物がたまっており悲惨な状況でした。 結び目もかなりきつく縛られており、おそらく一晩中この状態で放置されていたのでしょう。 ただ幸いなことに、体調は良好でケガもありませんでした。

救出後、ただちに犬の里親を探すことに。 再度Facebookを使い「誰かもらってくれる人はいませんか?」と呼びかけます。 すると、たったの1時間で里親になりたいという人が現れたのです!

マルシーアさんが犬を発見、救出して里親が決まるまで約2時間。 あっという間の出来事でした。

「気にかけてくれた皆さん、温かく見守ってくれた皆さん。本当にありがとう!」

マルシーアさんは、そうFacebookにコメントしました。 近年、何かと問題視されることが多いSNS。 それが人々の想いを繋ぎ、小さな命を救ったのです。 いまは新しい家族に迎えられた犬。優しい飼い主さんのもとで、幸せに暮らしてほしいですね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連する記事

このまとめのキュレーター

アットハート|心に響くニュースを提供するメディアmofmo同盟

「@Heaaart」はあ!と驚く動画、思わず笑ってしまう動画、感動して泣いてしまう動画など様々なコンテンツをお届けします。

http://heaaart.com/post/tag/kawaii