全てを捨てヤギとの人生を選んだ女性。幸せな人生を歩む姿に大切なことを教えられる。

バリバリのキャリアウーマンをしていたある女性。高価なものに囲まれながらも何か満たされない思いを胸に抱きつつ生活をしていたそうです。そんな彼女が人生に輝きを手に入れたのです。それはヤギとの出会い。彼女の情熱はなんとヤギの保護区域を設立するほどにまでなったのです。情熱ってすごい力ですよね。

全てを捨てヤギとの人生を選んだ女性。幸せな人生を歩む姿に大切なことを教えられる。

自分の情熱を信じて・・・

キャリアウーマン時代・・・

すべてを捨ててシンプルな生き方をするというのは夢のような話かもしれません。

ニュージャージー州マンスフィールド・タウンシップに住むLeanne Lauricellaさんは、単に夢に見るだけでなく実際に実現させたそうです。

今では彼女は、日々裏庭にある農場で動物の赤ちゃんたちを育てているそうです。

Leanne Lauricellaさんは、かつて、大都会で神経をすり減らしながら仕事をしていたそうです。

そんな彼女が仕事を辞め、ヤギの赤ちゃんたちが暮らす保護区域を設立したのです。

ニューヨークでキャリアウーマンとしてバリバリ働いていた数年前を思い出し、Lauricellaさんは、次のように語ってくれたそうです。

その時の彼女の生活はこんなのんびりしたものではなかったそうです。

「私は、ニューヨークで結構いい仕事をしていたけど、通勤は最悪で、ずっとストレスを抱えていたわ。

いつもいつも『これが私の人生なの!?』って自問自答していたの。

常に不満を抱えていて、何かもっと他にやるべきことがあるような気がしていたの。」

Lauricellaさんは、その後数年間そんな人生を変えたいという思いがどんどん大きくなっていったそうです。
出典:https://www.instagram.com/goatsofanarchy/

運命の出会い

そんな彼女が、農場を訪れ、すぐさま赤ちゃんヤギにメロメロになったのは2014年の事だそうです。

そこで、彼女はJaxとOpieという2匹のヤギを飼うことを決めたそうです。

その当時のLauricellaさんは、日中は都会の仕事をし、仕事が終われば、裏庭の農場に帰ってくるという生活をしていたそうです。

さらに3匹のヤギを飼うことにし、Lauricellaさんは自分の望むライフスタイルが見つかったそうです。
出典:https://www.instagram.com/goatsofanarchy/
Lauricellaさんは、確固たる考えも計画もないまま、大都会の仕事を辞めてフルタイムで赤ちゃんヤギたちの世話をすることにしたそうです。

しかし、Lauricellaさんにとってこれがまさに望んでいた生活だったそうです。

高価なハイヒールを売って作業用の長靴を購入し、メルセデスベンツを売って古いシェビー・ピックアップを購入したそうです。
出典:https://www.instagram.com/goatsofanarchy/

そしてその夢に対する情熱が、”Goats Of Anarchy”という動物保護団体設立という夢を叶えたのです。

ここの保護区域では、特別なケアが必要なヤギ、親を知らない孤児ヤギ、そして体が不自由なヤギたちの世話をしているそうです。

自分の情熱を貫いて・・・

Lauricellaさんに対して、

「なんて馬鹿げたことを!」という人もいれば、「計画もなしに、仕事を辞めるなんてなんて無責任な!」

という言葉を浴びせた人もいたそうです。

でも彼女は、自分の信念を貫いたのです。

実は、彼女の旦那さんはウォールストリート街で25年間働き、彼の永年の夢を叶えるため、仕事を辞めたそうです。

彼の情熱は、シボレー・コルベットのクラシックカーを修理、販売することに注がれたそうです。

そしてついに自身のショールームをオープンさせたそうです。

やはり1年目は大変だったそうですが、やりたいことを手に入れた彼はこの上なく幸せな生活を送っているそうです。

Lauricellaさんは、そんな旦那さんに影響を受けました。
出典:https://www.instagram.com/goatsofanarchy/
Lauricellaさんは、その愛する動物たちを記録するために、”Goats Of Anarchy”というサイトを立ち上げたそうです。

思いがけなく、Lauricellaさんが大都会での仕事を辞めた次の日、彼女のインスタグラムにアップした写真には一晩で、なんと3万人以上ものフォロワーがついたそうです。

この反響を目の当たりにしたLauricellaさん、自分の選択に間違いはないと確信したそうです。
出典:http://www.cosmopolitan.com/career/a62857/goats-of-anarchy-instagram/?src=socialflowFB

今では、何を着ようかなんてことより、保護されたヤギ、身体が不自由なヤギ、そして親がいない赤ちゃんヤギをどうやって手助けしようかを考える毎日だそうです。

フルタイムで動物の世話をしているため、Lauricellaさんは、ヤギ以外にもミニチュアサイズの馬やロバ、2匹のウサギと豚を保護しているそうです。

みんな同じくニュージャージー州ブレアーズタウンにある”The Barnyard Sanctuary”という動物保護区域から救助されてきたそうです。

Lauricellaさんは、現在そこで、ボランティアスタッフとして働いているそうです。

動物たちの医療費や飼料代を支払うために、彼女は、自身でプリントした動物をテーマにしたTシャツを販売するというサイドビジネスを始めたそうです。
出典:https://www.instagram.com/goatsofanarchy/
そんなLauricellaさん、今では大好きな動物たちに囲まれてこの上なく幸せな生活をしているそうです。
Lauricellaさん、自分の服に関しては別問題だそうです。

「仕事を辞めた時、ショッピングを辞めれるか苦しんだわ。

でも今では最後にショッピングのことを考えたのはいつだったのかもわからないくらいよ。」

と話してくれたそうです。

「何のために服を買うの?ヤギたちは、私の服やズボンを噛んで、毎日のように穴をあけるのよ!」

「やりたいことを見つけて、自分の情熱に従う時には、自分が重要だと思っていたあらゆるたわいもないことが、実はそれほど重要じゃないように思えるものなの。」
出典:https://www.instagram.com/goatsofanarchy/

都会でバリバリと仕事をしていた女性が、すべてを捨てて選んだ道。

きらびやかな服や、ヒールの高い靴、キラキラした宝石を身に着けることのない生活。

しかし、内からあふれる笑顔と情熱がそれ以上にLauricellaさんを輝かせてくれていますよね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連する記事

    • 犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

    • 犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

      トイレのしつけに関しては。室内犬の場合は、充分な配慮と置き場所の設定は重要です。子犬の時とは違って成犬になってからは、特に臭いの問題はかなり生活に影響を与えるからです。マンションやアパートなど、賃貸で動物可の物件の場合、退出する際のトラブルを防ぐ意味でも、消臭や設置場所について詳しく解説します!

      27776
    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後6ヶ月になると、子猫も永久歯が生えそろってきます。人間で言えば思春期にさしかかる頃。親猫がいる場合は自立の時期であり、お留守番もできるようになります。また「噛む」癖など問題行動も、直してあげるならこの時期。生後6ヶ月の猫の育て方を解説します。

      22311
    • 三毛猫ってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

    • 三毛猫ってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

      三毛猫がこたつで眠っている様子って、まさに古き良き日本の象徴ですよね。見ているだけで、なんだかほっと心が和みます。今回は、日本で昔から愛される三毛猫の特徴と、飼い方のコツを解説します♪これを見ればみなさんも三毛猫がよくわかりますよ!

      47438
    • 【猫の気持ち】猫が鼻キスをする理由ってなに?実はこんな理由だった!

    • 【猫の気持ち】猫が鼻キスをする理由ってなに?実はこんな理由だった!

      猫が飼い主さんに鼻でチュッとキスをしてくれる鼻キスについて調べてみました!鼻キスをしてくる理由や猫の気持ち、鼻キスを飼い主さんから猫にしても良いのか、鼻キスをしても人間に問題はないのかなども調べてみました!猫の鼻がひんやり濡れている理由についても一緒にご説明していきます!

      41402
このまとめのキュレーター

green

わんちゃん、ねこちゃんファンです。家庭環境の都合で現在はペットを飼っていませんが、夢はペットの飼える家に住むことです。