母猫に育児放棄された子猫。死の淵から生還したものの更に困難が待ち受けていた…。

母猫に育児放棄された子猫。死の淵から生還したものの更に困難が待ち受けていた…。

905

灰色のハチワレ猫のペピーノは小脳形成不全のため自分の足で歩くことが出来ません。でも彼に障がいあるなんて思えないほど元気な子猫です。彼には出来ない事なんてありません。出来る方法が他の猫とちょっと違うだけ!飼い主さんの工夫で幸せな生活を送ってる頑張り屋さんの猫ちゃんの物語です。

905

死と戦い続けた子猫

産まれたての子猫がVCAクロムウェル動物病院に持ち込まれ保護されました。この小さな赤ちゃんは母猫に育児放棄されてしまい生死の境をさまよっていましが、自らの力で必死に生への戦いを挑んでいました。スパグノレッティ医師と病院のスタッフは子猫に酸素吸入の処置を施し、死の淵にいる子猫を呼び戻そうと必死でした。

カルメロさんは言います。

「何週間もの間、病院のスタッフたちはこの子猫が生き延びるかどうか確信できないでいたので、この子に名前を付ける事が出来ませんでした。灰色のネズミに似ていたので『マウシー』と仮に呼んでいました。」
出典:http://www.lovemeow.com/special-kitten-brought-back-from-the-brink-wobbles-his-way-into-mans-h-2130511973.html

マウシーと出会う前に、カルメロさんには一目見て気に入った猫がいました。お団子しっぽ猫の「ジャズ」を引き取るつもりでいましたが、何千キロも遠く離れた場所に居たので、近くで引き取れる猫がいないかと考え始めたところでした。

カルメロさんは食糧ボランティア活動の後に、小さなマウシーに会いに行きました。里親のアシュリーさんはタオルに包まれたお風呂に入ったばかりの子猫を連れてきました。

「子猫がとても小さいので驚きました。『ジャズ』のようなお団子しっぽのその子猫は私を不思議そうにのぞき込んで来ました。これは運命だと思いました。」

出典:http://www.lovemeow.com/special-kitten-brought-back-from-the-brink-wobbles-his-way-into-mans-h-2130511973.html
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
おすすめコンテンツ 人気のおすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー