サーカス団に虐待され無残な状態のトラ。保護され8か月後、劇的に回復した姿に涙。

サーカスで様々なパフォーマンスを見せてくれる動物たち。 しかし、その裏側ではひどい虐待を受け、無残な状態になってしまうこともあるようです。

サーカス団に虐待され無残な状態のトラ。保護され8か月後、劇的に回復した姿に涙。

虐待を受けていたアーシャ

とあるサーカス団で飼われていたベンガルトラの『アーシャ』は、当時0歳。 病気を患っていたにも関わらず、適切な治療をしてもらえませんでした。

このとき体重はわずか13キロ。 同世代の平均体重の1/4ほどしかありませんでした。 身体中の毛はほとんど抜け落ち、乾燥してひび割れした地肌からは出血までしていました。

そんなアーシャに転機が・・・

なんと、テキサス州の野生動物保護センターが彼女の存在を察知し、救出に成功したのです。

調べてみると、アーシャは、白癬(はくせん)と呼ばれる皮膚病に侵されていたことが判明。 同センターは彼女の病気を治すため、1日2回薬を与え、薬用のお風呂に彼女を入れて治療を開始しました。 最初は薬用のお風呂に入ることをひどく嫌がったというアーシャ。 しかし薬の効果が現れ、徐々に回復していることが分かると、彼女は自らお風呂に入るようになりました。 そして、治療を開始してから8カ月後…

本来の姿を取り戻したアーシャ

痛々しく抜け落ちていた毛が生え揃い、とても美しい毛並みに。 アーシャは見違えるほど綺麗なベンガルトラになったのです。

そして、幸せに・・・

治療を終えた今でも、お風呂や水遊びを楽しんでいるというアーシャ。 そんな彼女に、なんと素敵なフィアンセができました。

彼の名前はスマグラ―。 出会ってからすぐに意気投合した2匹は、いま、同じケージの中で仲良く暮らしています。

虐待されていた過去、そして病気を乗り越えてきたアーシャ。 これからは、よき伴侶とともに幸せな日々を過ごしていくことでしょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連する記事

    • 白や黒のペキニーズってどんな犬?性格・特徴から分かるしつけと飼い方!

    • 白や黒のペキニーズってどんな犬?性格・特徴から分かるしつけと飼い方!

      ふわっふわの毛並がご自慢のペキニーズ。中国の宮廷で皇帝たちに愛され続けてきた高貴な犬ですし、日本でも、デヴィ・スカルノや引田天功が所有する犬として知られています。白や黒の毛を持つペキニーズとは一体どんな犬なのでしょうか?その性格と特徴を知り、しつけと飼い方についてご一緒に考えていきましょう。

      16368
    • 難波にあるおすすめの猫カフェ4選

    • 難波にあるおすすめの猫カフェ4選

      猫で癒されたいと思ったら、難波の猫カフェはいかがですか?難波は猫カフェの数が多くそれぞれが特徴的なお店なので、いろいろなお店に足を運んでみるのもおすすめです。この記事では難波にあるおすすめの猫カフェを厳選してご紹介します。

      6344
このまとめのキュレーター

アットハート|心に響くニュースを提供するメディアmofmo同盟

「@Heaaart」はあ!と驚く動画、思わず笑ってしまう動画、感動して泣いてしまう動画など様々なコンテンツをお届けします。

http://heaaart.com/post/tag/kawaii