今、ある命は愛されてきた証。1匹の子猫を救うため尽力する救助スタッフたちの姿に愛を感じる。

今、ある命は愛されてきた証。1匹の子猫を救うため尽力する救助スタッフたちの姿に愛を感じる。

1202

ある日、救助センターに運ばれてきた5匹の子猫。その中の一匹は、なんと73gという低体重でした。はたして育っていけるのでしょうか? 

1202 |

シェルターから生きるために救出された子猫

www.facebook.com

このちっちゃな子猫・ビジョウちゃんは4人の兄弟と共に田舎町のシェルターから、生後48時間でここバージニア州にあるNational Kitten Coalitionという子猫専用の施設に保護されました。
出典:https://www.facebook.com/kittencoalition/

生後48時間という時間は短いように聞こえますが、生まれたばかりの子猫にとっては、それはそれは長い時間です。母親のお腹の中で守られて育ってきた子猫が外の世界に出て、生き抜くためには母猫もしくは適切なケアがなければ育っていきません。仔猫の生存率は非常に低く、シェルターで命を落としていく子猫は沢山います。生まれたばかりの子猫には一刻も早い適切なケアが必要とされます。

www.facebook.com

ビジョウは兄弟姉妹と共に5匹でここに引き取られてきました。
保護された時の5匹の健康状態はあまりよいものではありませんでした。
出典:https://www.facebook.com/kittencoalition/

彼女がラッキーだったのは、何より保護された先がNational Kitten Coalitionという施設だったこと。ここは子猫の医療やケアを専門とする人材を育てる教育機関の一つで、ベテランの専門スタッフが揃っていました。同施設では、保護された子猫の生存率をあげるために地元のシェルターなどへ教育プログラムを提供しています。

こうして、生死を彷徨っていた5匹の子猫はここで命をいったん拾われました。しかし、同スタッフの願いもむなしく、この中の一匹は救うことが出来ませんでした。 一匹は残念でしたが、でも、もしもこの施設に引き取られていなかったら、もっと多くの命が失われていたことでしょう。

体重73gのビジョウちゃんの成長の軌跡

www.facebook.com

彼女の兄弟達はその後も順調に成長を続け、このままでいけば予定通り養子に出すことも出来そうでした。
そして、ビジョウの73gしかなかった体重も113gに増え、小さいながら順調に育っていたように見えました。
しかし…、ある時期を境に、体重の増え方が行きつ戻りつし始め、まるで成長が止まってしまったかのようになってしまいました。
出典:https://www.facebook.com/kittencoalition/

どうしてしまったのでしょうか? 生後9週間目のビジョウの体重はたったの114gでした。 これは通常の健康な子猫の平均体重の5分の1以下です。 頑張れ、ビジョウ!

www.facebook.com

センターでは、何度もビジョウにとっての最善の道についての話し合いがもたれました。 こういう現場では、時には辛い決断を下さなければいけないこともあるのです。 しかし、最終的には彼女の世話係の意見で、スタッフ一同彼女の生きようとする力を信じることにしました。

「人々はなぜここまで一匹の猫に時間と労力を費やすのか」とよく尋ねます。
「一旦、生を享けて生まれてきたものは、どんな小さな命も大切です」
「よほどの苦痛が伴わない限り、その命が生きようとする限り、私たちはその命を諦めない」
と同スタッフは語りました。
出典:https://www.facebook.com/kittencoalition/
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー