猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

猫の大切なお手入れの一つ、シャンプーの頻度はどのくらいが適切なのでしょうか?犬のように体臭がきついわけでもないので、悩む飼い主さんもいることでしょう。今回は猫にとって最適なシャンプーの頻度について解説します。

猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

猫にシャンプーをしよう!その頻度はどのくらい?

猫を飼っていると、様々なお手入れが必要です。

大切なお手入れの一つである、シャンプー。

どのくらいの頻度でお風呂に入れてあげるとよいのでしょうか。

猫にシャンプーは必要なのか

そもそも猫にシャンプーは必要なのかな?と思われるかもしれませんね。

猫は定期的に毛繕いをしますので、自分で美しい毛並みを整えることができます。

でも、人間と一緒に生活するとなると、毛繕いだけのお手入れでは不十分です。

例えば、外飼いをしている猫が汚れて帰ってきてそのままにしておくと、部屋まで汚れてしまいます。

また長毛種の猫は、自身で行うグルーミングだけでは手入れが行き届かず、被毛の汚れが目立つことがあります。

飼い主としては、いつでも美しい猫でいて欲しいと思うはずです。

他にも去勢・避妊前の発情期の猫はスプレー行為により被毛が臭くなることがあります。

やはり同居する飼い主にとって、臭いは気になるでしょう。

実は、猫にとってシャンプーが必要かと言われれば、答えはNOです。

シャンプーが原因で皮膚病になることはあっても、シャンプーをしないせいで病気になる猫はいないと言われているほどです。

猫のためというよりは、人間と清潔に同居するために、シャンプーが必要なんですね。

猫のシャンプーの頻度

猫のシャンプーの頻度は、猫の被毛の長さや飼育環境によっても異なってきます。

それぞれの猫に合ったシャンプーの頻度をみてみましょう。

室内飼い猫の場合

室内飼いの猫はどのくらいのシャンプーの頻度が最適でしょうか。

室内飼いの猫は、ほとんど汚れることがありません。

飼っている猫の体質(皮脂分泌が多いなど)にもよりますが、大体年に1~2回のお風呂で十分だと言われています。

汚れが気になったときや臭いが強く感じるときのみ、お風呂に入れる程度で十分です。

外に出す猫の場合

猫を離し飼いにしている場合、どうしても室内で飼っている猫より汚れやすいでしょう。

ただし、シャンプーのしすぎは皮膚炎の原因になりやすいため、汚れがあまりにも気になるときや、臭い場合にのみお風呂に入れることをおすすめします。

放し飼いにしている猫は、対策をしていないと外からノミやダニを持ち帰ってしまうこともあります。

場合によってはノミ対策のため、お風呂に入れる回数を増やす必要も出てくるでしょう。

そのため室内飼いの猫よりは、シャンプーの頻度は多めになります。

長毛種の場合

前述の通り、長毛種はグルーミングだけでは被毛の汚れを取り除けないことがあります。

汚れが目立ってきたらお風呂に入れるようにしましょう。

長毛種の場合、毛が絡まって毛玉ができやすい点は注意が必要です。

日頃のブラッシングと、シャンプー前の毛玉解きは特に念入りに行うようにしましょう。

また、長毛種かつパーマがかかった被毛の品種も、汚れや皮脂が溜まりやすいといわれています。

毛のベタつきが気になるようになってきたら、シャンプーをしてあげましょう。

短毛種の場合

短毛種の場合は、長毛種やパーマのかかっている品種の猫ほど、念入りにシャンプーを行う必要はありません。

年に1~2回のお風呂で十分です。

もし汚れが気になった場合には、被毛を濡れたタオルで拭くだけでも良いでしょう。

短毛種のなかでも、ほとんど毛の無い品種についてはどうでしょうか。

意外にも、スフィンクスやドンスコイといった毛のほとんど無い品種は、一般的な短毛種よりもシャンプーの頻度は多めです。

理由として、分泌される皮脂を吸収する被毛がないため、すぐに体がベトつくからです。

上記のようなヘアレスキャットについては、短毛種以上に定期的なシャンプーや、タオルで皮脂をふき取るといった手入れが必要です。

まとめ

シャンプーの頻度は、猫によってもそれぞれです。

中にはお風呂が大好きな猫もいますので、必ずしもご紹介した頻度の通りである必要はありません。

ただシャンプーのしすぎは、皮膚病の原因になることも分かっていますので、お風呂をせがまれてもほどほどにお手入れしてあげましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫をお風呂好きにさせるためのコツを知ろう!

    • 猫をお風呂好きにさせるためのコツを知ろう!

      猫が気持ちよさそうにお風呂に入っている動画って、とても可愛いですよね。でも実際に喜んでお風呂に入る猫は少ないのではないでしょうか。でもコツを掴めばお風呂好きな猫に育てられるようです。今回はそのコツを解説します。

      1835
    • 猫のシャンプーでの洗い方!嫌がる猫もこれで安心

    • 猫のシャンプーでの洗い方!嫌がる猫もこれで安心

      猫にもお風呂!そう思うのは早合点ですよ。猫に限らず、動物の体を洗うにはちょっと注意も必要です。正しい頻度で、猫が嫌がる方法でお風呂へ入れてはいけません。正しい知識で、猫の健康維持、そして美しい被毛をいつまでも長く保ちましょう!

      1740
    • 自宅で簡単!猫のトリミング方法!自宅でできる方法を徹底解説。

    • 自宅で簡単!猫のトリミング方法!自宅でできる方法を徹底解説。

      トリミングをするのにお店に連れて行くのはかわいそうだし、高額。自宅でなんとかトリミングできないかしら。そう考えているあなた必見です。自宅でも簡単にできるトリミングの方法を部分別に徹底解説します。あなたも愛猫専門のトリマーになれるかも!

      コメント

      自宅で簡単!と書かれていたのですが、文章を読むだけなら確かに簡単そうです。でも、いざ自分でやってみるとなると、簡単とは言えないんじゃないのかなって思うんです。記事のようにスムーズに進行できるとも限らないですし、、。難しそう。

      1618
    • 【永久保存版】自分でも安全に猫にシャンプーができる洗い方徹底解説!

    • 【永久保存版】自分でも安全に猫にシャンプーができる洗い方徹底解説!

      ほとんどの日本猫は自分で体毛を舐めて綺麗するので、シャンプーは本来必要ありません。しかし、どうしてもしなければならない種類の猫達がいます。それが毛足の長い猫達です。場合によってはノミやダニが付いたり、汚れることが多いからです。 また毛玉を飲み込んでも上手く吐き出す事ができない猫もいます。そんな猫ちゃんのために正しいシャンプーの方法を知っておきましょう。

      コメント

      これ永久保存版です!猫って基本はシャンプーしなくても自分で体を綺麗にするんだけど、前に猫が私の食べてるカレーライスの中に突っ込んできたことがあって、シャンプーするの苦労しました。まさか舐めさせるわけにはいかないし。

      2768
    • 猫をお風呂に入れていいのか疑問に思っている飼い主へ5つのポイント

    • 猫をお風呂に入れていいのか疑問に思っている飼い主へ5つのポイント

      猫と一緒にお風呂に入るのは飼い主の夢ですよね。 たしかに一緒に入れたら素敵なのですが、はたして本当にいれてもよいのでしょうか? 今回の記事ではお風呂に猫ちゃんをいれてよいのか?やどのような工夫が必要なのかを説明します!

      コメント

      猫をお風呂に入れる方と、入れない方って結構分かれますよね。本来はお風呂に入らない動物ですが、室内で飼っている以上は綺麗を保ってあげたいという気持ちから、お風呂に入れようとなるのも納得できます。結局、どっちがいいんですかね。

      1937
    • 子猫の飼い方:生後2ヶ月までの猫の育て方(餌など)

    • 子猫の飼い方:生後2ヶ月までの猫の育て方(餌など)

      拾った子猫や、他人から譲ってもらった子猫以外の場合は、多くの方ではペットショップからの購入が子猫の場合多いでしょう。離乳期にすでに入った頃でもあるため、育て方も非常にやりやすくなります。与える餌やこの時期の子猫とのコミュニケーションの取り方などをご紹介していきましょう。

      1858
    • 【神奈川県横浜市】猫の里親になれる譲渡会や保護施設をご紹介

    • 【神奈川県横浜市】猫の里親になれる譲渡会や保護施設をご紹介

      あなたは猫の里親募集についてどれだけのことを知っていますか?実は猫の里親募集には、クリアしなければ里親になれない条件がいくつもあります。しかしその条件を満たしていれば、かわいい猫と一緒に暮らすことができます。ここでは猫の里親になる方法や神奈川県の猫の里親募集情報についてご紹介していきます。

      2642
このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!