猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

猫の大切なお手入れの一つ、シャンプーの頻度はどのくらいが適切なのでしょうか?犬のように体臭がきついわけでもないので、悩む飼い主さんもいることでしょう。今回は猫にとって最適なシャンプーの頻度について解説します。

猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

猫にシャンプーをしよう!その頻度はどのくらい?


猫を飼っていると、様々なお手入れが必要です。   大切なお手入れの一つである、シャンプー。   どのくらいの頻度でお風呂に入れてあげるとよいのでしょうか。

猫にシャンプーは必要なのか

そもそも猫にシャンプーは必要なのかな?と思われるかもしれませんね。   猫は定期的に毛繕いをしますので、自分で美しい毛並みを整えることができます。   でも、人間と一緒に生活するとなると、毛繕いだけのお手入れでは不十分です。   例えば、外飼いをしている猫が汚れて帰ってきてそのままにしておくと、部屋まで汚れてしまいます。   また長毛種の猫は、自身で行うグルーミングだけでは手入れが行き届かず、被毛の汚れが目立つことがあります。   飼い主としては、いつでも美しい猫でいて欲しいと思うはずです。   他にも去勢・避妊前の発情期の猫はスプレー行為により被毛が臭くなることがあります。   やはり同居する飼い主にとって、臭いは気になるでしょう。   実は、猫にとってシャンプーが必要かと言われれば、答えはNOです。   シャンプーが原因で皮膚病になることはあっても、シャンプーをしないせいで病気になる猫はいないと言われているほどです。   猫のためというよりは、人間と清潔に同居するために、シャンプーが必要なんですね。  

猫のシャンプーの頻度


猫のシャンプーの頻度は、猫の被毛の長さや飼育環境によっても異なってきます。   それぞれの猫に合ったシャンプーの頻度をみてみましょう。

室内飼い猫の場合

室内飼いの猫はどのくらいのシャンプーの頻度が最適でしょうか。   室内飼いの猫は、ほとんど汚れることがありません。   飼っている猫の体質(皮脂分泌が多いなど)にもよりますが、大体年に1~2回のお風呂で十分だと言われています。   汚れが気になったときや臭いが強く感じるときのみ、お風呂に入れる程度で十分です。

外に出す猫の場合

猫を離し飼いにしている場合、どうしても室内で飼っている猫より汚れやすいでしょう。   ただし、シャンプーのしすぎは皮膚炎の原因になりやすいため、汚れがあまりにも気になるときや、臭い場合にのみお風呂に入れることをおすすめします。   放し飼いにしている猫は、対策をしていないと外からノミやダニを持ち帰ってしまうこともあります。   場合によってはノミ対策のため、お風呂に入れる回数を増やす必要も出てくるでしょう。   そのため室内飼いの猫よりは、シャンプーの頻度は多めになります。

長毛種の場合

前述の通り、長毛種はグルーミングだけでは被毛の汚れを取り除けないことがあります。   汚れが目立ってきたらお風呂に入れるようにしましょう。   長毛種の場合、毛が絡まって毛玉ができやすい点は注意が必要です。   日頃のブラッシングと、シャンプー前の毛玉解きは特に念入りに行うようにしましょう。   また、長毛種かつパーマがかかった被毛の品種も、汚れや皮脂が溜まりやすいといわれています。   毛のベタつきが気になるようになってきたら、シャンプーをしてあげましょう。

短毛種の場合

短毛種の場合は、長毛種やパーマのかかっている品種の猫ほど、念入りにシャンプーを行う必要はありません。   年に1~2回のお風呂で十分です。   もし汚れが気になった場合には、被毛を濡れたタオルで拭くだけでも良いでしょう。   短毛種のなかでも、ほとんど毛の無い品種についてはどうでしょうか。   意外にも、スフィンクスやドンスコイといった毛のほとんど無い品種は、一般的な短毛種よりもシャンプーの頻度は多めです。   理由として、分泌される皮脂を吸収する被毛がないため、すぐに体がベトつくからです。   上記のようなヘアレスキャットについては、短毛種以上に定期的なシャンプーや、タオルで皮脂をふき取るといった手入れが必要です。

まとめ

シャンプーの頻度は、猫によってもそれぞれです。   中にはお風呂が大好きな猫もいますので、必ずしもご紹介した頻度の通りである必要はありません。   ただシャンプーのしすぎは、皮膚病の原因になることも分かっていますので、お風呂をせがまれてもほどほどにお手入れしてあげましょう。  

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

「猫の手入れ・ケア」のキーワード

「猫の手入れ・ケア」に関するキーワード