狼がいると通報を受け目撃したのは…。正体不明なほどボロボロだった動物が歩み始めた新たな人生

狼がいると通報を受け目撃したのは…。正体不明なほどボロボロだった動物が歩み始めた新たな人生

1426

今回は、アメリカの「Hope For Paws」が救った数多くの動物の中から、「狼」として通報されてきた一匹の犬をご紹介します。ジュリアと名付けられたその犬は、狼なのかコヨーテなのか犬なのか、正体不明なまでに汚れ、ボロボロになっていました。ジュリアとの出会いと、その後をご覧下さい。

1426

ある日の通報

ロサンゼルスのとある住宅街。 「狼が道を歩いている」という通報を受け、「Hope For Paws」のメンバーが事実確認にやってきました。

そこで見つけたのは、一軒のお宅へ入っていく大きな灰色の動物。 これが、通報を受けた狼なのでしょうか?

ジュリアとの出会い

住宅の庭に入ったターゲットが外へ逃げないよう門扉を閉め、柵を挟んで観察します。 狼によく似た毛並みを持つこの子が、通報を受けた「狼」で間違いなさそうですね。

ボロボロの首輪を付けたその姿を見て、「Hope For Paws」のリサさんは考えました。

「この子は狼ではない。しかし、狼の血を引いている可能性はある。」
出典:https://youtu.be/KS13ZbuJ4IE

とにもかくにも、獣医に診せてみなければ詳しいことは分かりません。 リサさんはこの子を保護し、連れ帰ることにしました。

安全に、獣医のもとへ

食べ物で警戒心をほぐしつつ、距離を縮めるリサさん。 「狼」ちゃんも、興奮した様子は見受けられません。

しばらく時間を過ごし、リサさんが危険でないと判断した「狼」ちゃん。 首に、花柄の赤いリードを着けることを許してくれました。

そして、辛うじて首に巻きついていた古いボロボロの首輪と別れを告げます。 これが「狼」ちゃんが「ジュリア」ちゃんとして、新たな人生を歩みだした瞬間でした。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
おすすめコンテンツ 人気のおすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー