犬と暮らそうと考えている方へ。1つの選択肢に目を向けると、あなたも犬も幸せになれるかも?

犬と暮らそうと考えている方へ。1つの選択肢に目を向けると、あなたも犬も幸せになれるかも?

962

海外の動物情報サイト「BarkPost」のためにイラストレーターのバーバラ・マッツィさんと編集者のベンジャミン・ムーアさんがタッグを組みシェルターで暮らす犬にまつわる心温まるお話を記事にしました。このお話には1匹の犬が遠回りしながらも完璧な飼い主さんに出会うまでのいきさつが描かれています。

962

あるシェルタードッグのお話

作:ベンジャミン・アンドリュー・ムーア 絵:バーバラ・マッツィ

子犬時代

1. どんな犬でも、かつては子犬だった

2. そして人間とは子犬を好む生き物である

3. しかし、思ったよりも子犬は手がかかる

4. 子犬達は礼儀知らずのハイテンションモンスターだ

5. 彼らはお気に入りの靴をかじって台無しにし、室内でお粗相もする

6. 甘噛みを知らない子犬は飼主の指を鋭い歯で噛み、それを楽しいことだと思っている
出典:http://stories.barkpost.com/good/heartwarming-illustration-life-of-a-shelter-dog/

この犬はどうやらパピーミルで生まれ、クリスマスのプレゼントとして飼主がペットショップで購入したようです。クリスマスや誕生日のプレゼントとして気軽に犬をプレゼントする人の姿を目にすることが良くありますが、犬を飼うということはそんなに容易くないことを、この飼い主はのちに思い知ることとなるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
おすすめコンテンツ 人気のおすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー