犬と暮らそうと考えている方へ。1つの選択肢に目を向けると、あなたも犬も幸せになれるかも?

海外の動物情報サイト「BarkPost」のためにイラストレーターのバーバラ・マッツィさんと編集者のベンジャミン・ムーアさんがタッグを組みシェルターで暮らす犬にまつわる心温まるお話を記事にしました。このお話には1匹の犬が遠回りしながらも完璧な飼い主さんに出会うまでのいきさつが描かれています。

犬と暮らそうと考えている方へ。1つの選択肢に目を向けると、あなたも犬も幸せになれるかも?

あるシェルタードッグのお話


作:ベンジャミン・アンドリュー・ムーア 絵:バーバラ・マッツィ

子犬時代


1. どんな犬でも、かつては子犬だった

2. そして人間とは子犬を好む生き物である

3. しかし、思ったよりも子犬は手がかかる

4. 子犬達は礼儀知らずのハイテンションモンスターだ

5. 彼らはお気に入りの靴をかじって台無しにし、室内でお粗相もする

6. 甘噛みを知らない子犬は飼主の指を鋭い歯で噛み、それを楽しいことだと思っている
出典:http://stories.barkpost.com/good/heartwarming-illustration-life-of-a-shelter-dog/

この犬はどうやらパピーミルで生まれ、クリスマスのプレゼントとして飼主がペットショップで購入したようです。クリスマスや誕生日のプレゼントとして気軽に犬をプレゼントする人の姿を目にすることが良くありますが、犬を飼うということはそんなに容易くないことを、この飼い主はのちに思い知ることとなるでしょう。

可愛い子犬から成長して行くにつれ...


7. やがて子犬が大きくなるにつれ、それまで以上にお金がかかり、それまでほど可愛いと思えなくなる

8. 子犬が子犬らしいルックスでなくなった時、保健所に連れて行かれる犬もいる

9. 保健所に連れて行かれた犬は、そこで信じていた飼主と永遠のお別れを強いられる

10. 悲しみ 11. 困惑し 12. 恐怖におののく

13. これがシェルタードッグの現実

14. 同じ境遇の犬達に囲まれて暮らし

15. みんな家へ帰れるのを待っている
出典:http://stories.barkpost.com/good/heartwarming-illustration-life-of-a-shelter-dog/

犬を飼うと決める時は並々ならぬ決心をしてから飼うべきです。例えば大きくなったらどれくらいのサイズになるだとか、医療や食費にどれくらいの費用が必要かなど、将来のことをしっかりと考えてから決断すべきなのです。 犬だって人間と同じで成長する生き物です。そしていつまでも子犬のままでいるはずなどないのです。そういった一見当たり前に思えることを全く考えずに犬を飼ってしまうと、最後に悲しい思いをするのは人間ではなく犬なのです。

時にはラッキーなシェルタードッグもいる


16. 時には家に「帰れる」犬もいる

17. 捨てられた犬だって完璧な出会いに遭遇することだってある

18. そして新しい飼主は自分にぴったりな犬を探し当てる

19. やがてシェルターで悲しみ、困惑し、恐怖におののいていた犬は...

20. 二度と悲しみや困惑や恐怖を味わうことは無いのだ

21. ただそんなハッピーな犬にも一つだけ悩みがある...

22. そして、その悩みは一生続く...
出典:http://stories.barkpost.com/good/heartwarming-illustration-life-of-a-shelter-dog/

シェルターに入れられ新しい飼い主に巡り会える犬はほんの一握りなのが現実。この子は幸運にも完璧な飼い主に巡り会えましたが、多くの犬達はその一生をシェルターで終えるのです。

嬉しい悩み


23. そしてその悩みとは...

24. 頭を乗っけるならママの膝か...

25. それともパパの膝か

「やっぱりママがいいワン!」
出典:http://stories.barkpost.com/good/heartwarming-illustration-life-of-a-shelter-dog/

犬を飼うなら保護犬も選択肢に!

もしあなたが今犬を飼おうと悩んでいるならば、選択肢を広げてみてはいかがでしょうか? 特定の犬種を飼いたいならば優良なブリーダーさんから譲り受けることをお勧めします。そして犬種や子犬にこだわりのない方は是非シェルターの犬達に目を向けてあげてください。 成犬はなつかないと思われがちですが、そんなことはありません。愛情を持って接してあげれば必ず信頼は勝ち取れます。 そしてなによりも大切なこと。犬を飼う前にはとことん悩んでください。犬を飼うとあなたの生活から自由は減ります。出かける先も限定されます。場合によっては旅行すらできなくなります。医療費や食費にもお金がかかります。 いかがですか?それでもいいと思えるなら、あなたは良い飼い主になれるかもしれません。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 犬用おむつで人気のものは?おすすめ商品をご紹介

    • 犬用おむつで人気のものは?おすすめ商品をご紹介

      介護で毎日使う犬用のおむつにはどんなものがありますか?たまに訓練として使いたい方にもおすすめのおむつがあります。ここでは人気の犬用のおむつを紹介します。愛犬に合ったおむつ選びをしてあげるなら、快適な毎日を送ることができます!

      2468

    • オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

    • オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

      「オッドアイ」。一目見ただけで目が離せなくなるような不思議な魅力がありますよね。このオッドアイは猫にも現れることがあり、やはりその魅力に虜になる人も多いようです。今回は、オッドアイの猫の値段や生まれる確率について調べてみました。

      2176

このまとめのキュレーター

Silver7s

ミニチュアダックス2匹と暮らしています。2匹のうち一匹は元捨て犬です。海外の動物にまつわる記事を書かせて頂いてます。