薬物を服用した少年達に誘拐され暴行を受けた犬。その卑劣極まりない犯行に怒りが収まらない

薬物を服用した少年達に誘拐され暴行を受けた犬。その卑劣極まりない犯行に怒りが収まらない

735

イギリスのケント州で思わず耳を疑うほどの事件が起こりました。チワワミックスのチャンキーは2016年に4人の少年グループによって飼主さんの自宅から誘拐され、激しい暴行の末に足と首の骨を折られ、挙句の果てには火を放たれ自宅近くに投げ捨てられていたのです。

735

連れ去られた小さな命

激しい暴行の末...

「これは今まで直面したことがないほどの悲惨な事件でした」

英国動物愛護協会(RSPCA)の検査官キャロライン・ドーさんはそう話します。
出典:http://metro.co.uk/2015/11/24/tiny-dog-survived-having-his-neck-broken-and-being-set-on-fire-by-drugged-up-teenagers-5524142/

まだ1歳にもならない小さなチャンキーは薬物でハイになっていた少年達に凄惨な拷問を受けていたのだそう。

そしてあろうことか少年達は犯行の最中チャンキーに薬物を盛っていたとのこと。

若気の至りはただの言い訳に過ぎない

「犯行の全てが背筋が凍るほどの衝撃でした。被告の少年達はまだ若いし罪を認めましたが、いくら薬物の影響下での犯行とはいえ、彼らが小さなチャンキーにしたことはあまりにも野蛮でどんな言い訳も通用しません」とキャロラインさん。
出典:http://metro.co.uk/2015/11/24/tiny-dog-survived-having-his-neck-broken-and-being-set-on-fire-by-drugged-up-teenagers-5524142/

10代という若さで薬物を使用し遊び半分で罪の無い動物を痛めつける。チャンキーの受けた計り知れない恐怖を考えるとただただ心が引き裂かれる思いです。

罪を認めた少年達は今後5年間いかなる動物との接触を禁じられ、12か月のカウンセリングとその費用の自己負担を命じられたのだそうですが、彼らの常軌を逸した行動にこの程度の判決は本当に妥当であったのかどうかは正直なところ疑問です。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
おすすめコンテンツ 人気のおすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー