鼻先のねじれた『特別』な顔を持つ犬。シェルターで彼を待っていた数奇な運命とは

鼻先のねじれた『特別』な顔を持つ犬。シェルターで彼を待っていた数奇な運命とは

1678

皆さんは、「バックヤードブリーダー」を知っていますか?専門的な知識を持っていないにも関わらず、小遣い稼ぎとして自宅の裏庭で犬の繁殖を行うような人たちのことです。今回ご紹介する「ピカソ」と「パブロ」も、バックヤードブリーダーの元で生まれた子犬でした。

1678

特別な顔を持つ犬「ピカソ」

ピカソは、生まれた時から他の兄弟たちとは違う、特別な顔を持っていました。 クロスするように曲がった鼻と顎。 その顔は、ブリーダーにも、客としてやってくる人たちにも受け入れられることはありませんでした。

パブロや他の兄弟たちは、生まれるとそれぞれ、別の家族の下へ売られていきました。
しかし、ピカソを欲しがる人は誰もいませんでした。
だって彼は、ご覧の通りの顔をしていたんですから。
出典:https://www.thedodo.com/dog-with-deformed-face-2290753524.html

生きることさえ許されない犬

他と違った顔をしている以外は、とても健康で「普通」のわんちゃんだったピカソ。 しかし、ピカソの飼い主であるバックヤードブリーダーは、売れないピカソを見捨てたのです。

ピカソが売れないと分かったブリーダーは、彼をカリフォルニアの「Porterville Animal Shelter」へ引渡しました。
そしてそこで、ピカソはすぐに、安楽死リストに載せられてしまったのです。
出典:https://www.thedodo.com/dog-with-deformed-face-2290753524.html

個性的な口元を持つだけで、ピカソは「普通」の犬と何も変わりません。 彼は、顔が少し「違う」というだけで、生きることすら許されなかったのです。

ピカソはこのまま、世の中にある楽しいことや嬉しいことをほとんど経験しないまま、安楽死させられてしまうのでしょうか? いいえ、神様は、皆が見捨てたピカソを見捨てませんでした。

悲しくも意外な出会い

ピカソの兄弟であるパブロは、ピカソとそれほど時をおかず、同じシェルターへ連れてこられました。
彼を買い取った家族が、もういらないからと手放したのです。
そしてパブロもまた、安楽死リストへ名を連ねることとなりました。
出典:https://www.thedodo.com/dog-with-deformed-face-2290753524.html

シェルターで安楽死を待つピカソには、驚きの出会いが待っていました。 望まれ買われていき、幸せに暮らしているはずの兄弟パブロもまた、そこへやって来たのです。

ピカソと違い「普通」の顔を持ち、買われていったパブロ。 皮肉なことに、そんな彼を待つ運命も、ピカソと変わらなかったのです。

軽い気持ちでバックヤードブリーダーから犬を買い、いらなくなったらゴミを捨てるようにシェルターへ引き渡す。 考えられないほど非情で冷酷なことですが、現実にそれがまかり通ってしまっていることに寒気がします。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
おすすめコンテンツ 人気のおすすめコンテンツをお届け!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー