我が家の毎日に欠かせないルール。抱きしめると伝わる『うに』『はろ』の鼓動と気持ち

我が家の毎日に欠かせないルール。抱きしめると伝わる『うに』『はろ』の鼓動と気持ち

832

連載27回目。すっかり春めいて、と言いたいところですがまだ寒いですね。桜もちらほらり。卒業のシーズン。みんな春休みが始まるんだね。もちろん我が家は関係なし。毎日を淡々とでも小さな喜びはあるものです。今年ももう四分の一過ぎてしまうのね。そしてうにはろは7倍速。この意味を嚙みしめよう。

832 |
これまでの記事はこちらから

ぎゅっと。

うにとはろに毎日欠かさないこと。 散歩、餌やり、歯磨き、体を触ること、手足を洗うこと、目や耳のチェックが主です。 あともう一つあって。 それは抱きしめること。

うにはろをぎゅっと抱きしめること。 そして大好きだよ、ありがとう、長生きしてね。と伝えること。 声に出して。

音。

直接お互いの心音を感じるようにしています。 この一年あまり。

柴犬って何気に距離をとるから尚更。 必ずタイミングを見てぎゅっと抱きしめます。 安心するのか寝てしまううに。

はろは大暴れの抱っこ。 でもこの子はいつも膝の上にいるし、常について回るから愛情は感じているはず。 うには愛されているのはわかっているだろうけれども やはりきちんと伝えないと、と思っています。 抱っこすると顔を舐め回すはろ。

腕に抱いてトクトクという音を感じる。 あぁ動いているね。 私の心臓もうにはろの心臓も。 今は当たり前のこの音も、いつか途切れる日が来ることを知っているから。 感謝を伝えていこうと思います。

次のページ我が家のルール
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー