散歩から戻ってきた猫の首輪にはメモが…そこには知られざる飼い猫の行動が書かれてた!

イギリスに住む猫のテディとベアはいつも一緒の仲良し兄弟でした。しかし2匹には飼主さんも知らない秘密を持っていました。その秘密とは一体なんだったのでしょうか?

散歩から戻ってきた猫の首輪にはメモが…そこには知られざる飼い猫の行動が書かれてた!

愛する猫が逝ってしまった

猫の死に心を痛めていたある日

2月の終わりごろ、ベアは突然亡くなってしまいました。飼い主さんが悲しみに暮れていたある日、テディは首輪にメモを付けて家に戻って来ました。
出典:http://www.lovemeow.com/couple-mourning-their-cat-find-a-note-from-a-stranger-whose-life-was-t-2303542828.html

イギリスでは猫は野生に近いという理由から放し飼いにしている飼い主さんが多いそうなのですが、テディとベアもどうやら自由に出入りできる環境に暮らしていたようですね。そんな中、外での冒険から戻ってきたテディの首輪に付いたメモには驚くべき秘密が書かれていたようです。

あれ?このメモは一体なんだろう?

こちらがベアの首輪に付いていたメモ。果たして何が書かれているのでしょうか?
飼い主さんへ、
 私は4号室に住む者です。私はあなたの飼っている2匹の猫と大の親友で、彼らは毎日のように私の部屋に遊びに来ていました。ですがこの2週間、大きい方の猫の姿が見当たりません。彼は大丈夫でしょうか?彼のことがとても心配です。あの子はとってもいい子で私の心を癒してくれていました。元気だといいのですが。
Y.T.より 2017年3月2日
出典:http://www.lovemeow.com/couple-mourning-their-cat-find-a-note-from-a-stranger-whose-life-was-t-2303542828.html

メモを読んだ飼主さんは4号室の隣人にベアが亡くなってしまったことを伝えるためメールアドレスも添えたお返しのメモを4号室のドアに貼ったのだそう。

そして翌朝になると、メモを読んだ4号室の隣人からメールが届いていたのだそう。そのメールには隣人がどんなふうに猫達と過ごして来たかが切々と綴られていたのだとか。

さて、この隣人さんは一体どんな人だったのでしょうか?

寂しい心を埋めてくれていた猫達

猫達をかわいがってくれていたのは台湾からの交換留学生で近くの大学に通う女性でした。彼女は特にベアと過ごす1秒1秒を大切にしていました。そして寂しい時はベアがそばにいて空虚な心を埋めてくれていたのです。
出典:http://www.lovemeow.com/couple-mourning-their-cat-find-a-note-from-a-stranger-whose-life-was-t-2303542828.html

故郷の台湾から遠く離れたイギリスで学校に通いながら一人でがんばっている彼女。時にはホームシックにもなっていたことでしょう。そんな時もきっとベアは彼女の気持ちを和ませていたのかもしれません。

ベア、大好きだったよ。今までありがとう!

「練習相手がいないからベアがベッドの上に座って彼女のプレゼンをじっと聞いてくれてたみたい。すごく感動しました。メールには彼女の撮った2匹の写真も添付してあって心があたたくなりました」と飼主さん。
出典:http://www.lovemeow.com/couple-mourning-their-cat-find-a-note-from-a-stranger-whose-life-was-t-2303542828.html

実はこの写真と上の一枚は4号室の彼女からのメールに添付されていたもの。2匹にとって彼女の家は第2の故郷だったのかもしれませんね。

のちに4号室の彼女は飼い主さんのお庭にあるベアのお墓を尋ね、花束と共に彼女にとってベアがどれだけ大切な存在だったかを伝えたのだそう。

ベアが亡くなってしまったことはとても悲しいことですが、知らないところで人の気持ちを癒していたなんて飼主さんはとても誇りに思っていることでしょう。

放し飼いの猫や野良猫がご近所トラブルを起こしているという耳の痛くなるようなお話はよくありますが、世界のどこかでは放し飼いの猫が人の心の支えになっていました。もちろん室内飼いのほうが猫にとって安全だとは思いますが、時にはこんな心温まるお話もいいと思いませんか?

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連する記事

このまとめのキュレーター

Silver7s

ミニチュアダックス2匹と暮らしています。2匹のうち一匹は元捨て犬です。海外の動物にまつわる記事を書かせて頂いてます。