建設現場に正体不明の動物が!泥だらけになった動物の姿に自然との付き合い方を考えさせられる

建設現場に正体不明の動物が!泥だらけになった動物の姿に自然との付き合い方を考えさせられる

843

イギリスにある野生動物保護団体South Essex Wildlife Hospital(SEWH)は1995年以来、傷ついた野生動物を保護し、手当てをして自然に返すことを目的に活動しています。そんなSEWHにある日一匹の動物が信じられないような姿で搬送されました。果たしてその動物の正体とは?

843 |

泥に覆われ身動きすらとれない動物発見!

急がないと命の危険が!

Credit: South Essex Wildlife Hospital

www.facebook.com

ある日、ロンドン郊外のカナリー・ワーフ大規模ウォーターフロント再開発地域の工事現場でぬかるみにはまり身動きの取れなくなった動物が発見されました。
出典:http://honesttopaws.com/fox-rescued-from-mud/?pas=1&as=5CB1

一見子犬のようにも見えるこの動物。恐らく泥の池に落ちた際にもがいたあげくこのような状態になってしまったのでしょう。

泥に覆われた体では皮膚呼吸が妨げられてしまい大変危険な状態です。一刻も早くこの動物を助けないと呼吸困難や低体温症を起こし命を落としてしまいます。

体を洗うと正体が明らかに!

Credit: South Essex Wildlife Hospital

www.facebook.com

建設作業員達はその動物をぬかるみから引っ張りだし、SEWHに連れて来てくれました。しかしその動物は泥に覆われガチガチの状態で一体どんな動物なのかもわからないほどでした。

病院で泥を落とすとその動物の正体が明らかになりました。なんとそれは美しいアカギツネの子供だったのです。
出典:http://honesttopaws.com/fox-rescued-from-mud/?pas=1&as=5CB1

なんとあの正体不明の動物は可愛らしいキツネだったのですね。それにしてもどうしてこの子は建設現場に迷い込みぬかるみにはまってしまったのでしょうか?これはもしや人間の仕業である自然破壊が原因だったのでしょうか?

一つだけ確かなことはSEWHに来ればもう大丈夫ということ。これからはここのスタッフ達が自然に返ることができるようにしっかりとケアをしてくれるはずです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー