20万匹もの野良猫が暮らす街。厳しい寒さから野良猫を守るプロジェクトとは?

20万匹もの野良猫が暮らす街。厳しい寒さから野良猫を守るプロジェクトとは?

867
update

ラトビア共和国の首都リガで始まったプロジェクトは、地域の人の協力を得て、この地に住むノラ猫達の生活を守り、質を向上させています。猫の愛護団体「キャット・ケア・コミュニティー」は、猫と地元民たちの共存を願い、現在街のいたる所に猫ハウスを建設中です。

867
update

住民の声で「キャットハウス」作りプロジェクトが始まる

www.facebook.com

「キャット・ケア・コミュニティー」には、毎年冬が近づくと「ホームレスの猫が冬を越せるか心配。なんとか一時的または永続的な家を探してもらえないか…」という声が多く届きます。
その地域の人の声こそがこのプロジェクトの始まりでした。
出典:http://www.iizcat.com/post/4641/They-built-shelters-for-homeless-cats-to-survive-the-winter-and-the-kitties-absolutely-love-them-Gallery-

バルト海の真珠と讃えられる美しい港町リガ。ここラトビア共和国の首都リガは、猫の街とも言われ、猫が生活の中にいるのは当たり前の光景で、街を歩けば必ず猫に出くわします。その数はなんと20万匹とも言われています。街頭や軒先に飾られた猫のイラストや置物、建物の天辺に聳え立つ猫の像など…、この街では猫がどれだけ愛されているかがが伺えます。

さて、こんな町の「キャット・ケア・コミュニティー」という猫愛護後団体が、この地に住むノラちゃん達のために始めた、ちょっと面白いプロジェクトが話題になっています。 そのプロジェクトの名はずばり「野外の猫ハウス」プロジェクトというもの。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

日本は動物には残酷な国だからまずないですね。何でも殺処分するそれが日本です。一見やさしそうにみえても、野良猫に石を投げたりする人もいます。野良猫ももともとは人間が捨てたものです。同じ命なのに日本人としてはずかしい限りです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー