体の3分の1もの腫瘍を抱えた犬。絶望的な未来を変えた一筋の光に感動

体の3分の1もの腫瘍を抱えた犬。絶望的な未来を変えた一筋の光に感動

2866
update

保護犬が心優しい里親のもとで、幸せをつかむお話は少なくありません。 ただ、保護された時点ですでに命の危機にさらされているわんこも少なくないのです。 幸せな生活を望む、その前に、生き続けることができるか。 今回は、そんな命の危機に瀕した保護犬のお話です。

2866
update

お腹に大きな「何か」を抱えたわんこ

大きな腫瘍を抱えたわんこ 絶望的な未来を変えた一筋の光

wp.viralnova.com

悲しい表情リカ・ニューメキシコ州で保護された「ギルバート」。

悲しい表情をしている彼のお腹には、何やらとても大きなものがくっついています。

肥大化してしまった悪性腫瘍

大きな腫瘍を抱えたわんこ 絶望的な未来を変えた一筋の光

wp.viralnova.com

ギルバートが抱えていたのは、大きくボールのように肥大化してしまった「悪性腫瘍」でした。胃の上にできてしまった、大きな腫瘍は、ギルバートの3分の1もの大きさ。命の危機にさらされていました。
出典:http://wp.viralnova.com/they-rescue-this-dog-call-gilbert-but-whats-that-near-his-chest/

なんと悪性の腫瘍が大きくなったものだったのです。 体の細いギルバートにとって、その腫瘍の重さは体に負担がかかっていたでしょう。

どうしてこんな酷い状態で保護されたのでしょうか。 元から野良育ちなのか、それとも飼われていたけれど、病気にかかり治療をしたくないからと捨てられてしまったのか。 ギルバートの今までの人生は誰にも分かりません。 ですが、助けたいという気持ちに変わりはありませんよね。

腫瘍の痛みと、空腹と・・・

大きな腫瘍を抱えたわんこ 絶望的な未来を変えた一筋の光

wp.viralnova.com

ギルバートを救助したシェルターの専門家によると、これだけ大きな腫瘍であれば、痛みも大きかったのではないかといいます。さらに、ギルバートは栄養失調の状態でお腹がすいて力が出ない。腫瘍を抱えた弱った体での厳しい野良生活は、想像を絶するほどの苦しみだったのではないかというのです。
出典:http://wp.viralnova.com/they-rescue-this-dog-call-gilbert-but-whats-that-near-his-chest/

想像してみてください。 体の3分の1ほどの大きな腫瘍が自分に存在していたら。しかも誰にも頼れないという厳しい状況。

生きる希望を失いそうな程の絶望を感じませんか? ましてやギルバートは犬で、助けて!と叫んでも人には聞こえません。 ここまで良く耐えてくれたと褒めてあげたいですよね。

ギルバートを助けたい!プロジェクトが立ち上がる

大きな腫瘍を抱えたわんこ 絶望的な未来を変えた一筋の光

wp.viralnova.com

シェルターのスタッフは、ギルバートの腫瘍切除の資金を集めるため、「寄付キャンペーン」を開始。手術に必要な6800$、日本円でおよそ70万円もの資金集めを始めました。
出典:http://wp.viralnova.com/they-rescue-this-dog-call-gilbert-but-whats-that-near-his-chest/

ギルバートを死なせてはいけない。 すぐに行動に移したシェルターのスタッフさんの強い意思に、頭が下がります。

寄付金額は、決して安くありません。 それほど難しい手術になるということが分かりますね。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

記事を最後まで読んで本当に安心しました。こういう動物と人間の愛情って本当に素晴らしいと思いました。うちの犬にも愛情をいっぱい注いでいるつもりだったけど、これからはもっとささいでいこうって思っちゃいました。

1 名無しさん
通報

良かったね、ギルバート❗️ 素晴らしい人々に出会えて^_^

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー