その容姿ゆえに厄介者扱いされた子猫。保護団体の努力の先に待っていたのは…

その容姿ゆえに厄介者扱いされた子猫。保護団体の努力の先に待っていたのは…

1058
update

子猫のドルチェとその兄弟は生まれて間もない頃、何者かによってアパートの入口付近に捨てられていました。ドルチェの目は感染症を起こしており、その見た目があまりにも壮絶ゆえに誰も彼女を真っ直ぐに見てくれません。やがて彼女は無常にも地元の保健所に連れて行かれたのです。

1058
update

目の感染症に苦しんでいた子猫

生きる気力を失いかけていた

01

www.youtube.com

オランダにある愛護団体He’Art of Rescue(HR)はドルチェが保健所に持ち込まれた時、偶然その場に居合わせていました。
「彼女の目は飛び出ていて、暗闇で自分の不幸を見つめているように見えました」HR談。
出典:https://www.thedodo.com/blind-cat-dumped-1432096173.html

小さな子猫にありがちな猫風邪にかかり、目の感染症を放置するとドルチェのように目が飛び出てしまう事態になってしまうこともあると言います。 ここまでの状態になると、彼女は視力を失ってしまうかもしれません。 そのまま感染症を放置してはこの子の命に関わるため、早急な医療措置が必要ですね。

獣医師の診断は?

02

www.facebook.com

ドルチェはすぐに動物病院へと運ばれました。そして獣医師は左目の視力が残る確率は80%、対して右目は20%という診断を下しました。
出典:https://www.thedodo.com/blind-cat-dumped-1432096173.html

右目が視力を失う確率が高い事はその状態の悪さでわかりますが、比較的腫れの少ない左目は将来光を取り戻す可能性があるのですね。 治療が上手く行ってくれればいいのですが...

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー