その時間はあまりにも長すぎた…1年以上家族を待ち続けた犬が負った心の傷

その時間はあまりにも長すぎた…1年以上家族を待ち続けた犬が負った心の傷

2204
update

犬にうつ病があることを知っていますか?最近になって少しずつ注目されていますがこの事実を知らない方も多くいることでしょう。うつ病になってしまった犬は施設にもいました。長くそこにいたことが原因と考えられその姿はとても悲しいものです。しかし犬の人生はそのままでは終わりませんでしたよ。

2204
update

うつ病になったプリンセス

■避難所でうつ病になった犬を助けたい!その思いが未来へつながった瞬間。

www.thedodo.com

1歳のピットブルミックスのプリンセスはシェルターで過ごす時が長過ぎた犬の厳しいともいえる例でした。
スタッフが彼女をプリンセスから引き抜くのに数週間かかったところ、プリンセスの恐るべき兆候は一瞬にして証明されました。
プリンセスはうつ病の兆候を見せ始めたのです。
これは避難所で長時間過ごす犬によく見られる現象です。
プリンセスはベッドの下に隠れ始めました。
出典:https://www.thedodo.com/dog-hides-under-bed-adopted-1513975918.html

まだ子犬期を終えたばかりのプリンセンスという1歳の犬は長いことシェルターにいました。 そこから救出する為に動いていた矢先プリンセンスにうつ病の症状が出てきたというのです。 犬にうつ病?とピンとこない方もいるかもしれませんが、今増えてきている犬の疾患ともいわれているようです。 現にイギリスのテレビ番組では、イギリスにうつ病の犬が200万匹いるとも報道されたそうです。 これは莫大な数です。 原因は飼い主さんが留守にしがちだったり、お散歩が十分でないこと、家庭がピリピリしていて飼い主さんがイライラしている環境にいるなどがあります。 元は群れで行動するのが犬ですのでひとりで居ることは思う以上にストレスが掛かるのです。 また犬は感受性が豊かですのでイライラした雰囲気は即座に感じ取ります。 それが続けば悪影響を及ぼすのは明らかです。 避難所での生活は穏やかではないでしょうし落ち着いた雰囲気とは程遠いでしょうからそれが原因だったのでしょう。

その姿は衝撃的だった

■避難所でうつ病になった犬を助けたい!その思いが未来へつながった瞬間。

www.thedodo.com

シェルターでボランティアをしていたスーザン・バールは、自分の目でその姿の動画を見ても信じたくありませんでした。
しかし、あまりにも恐ろしい犬の不安定な様子は、幅広い聴衆に達しました。
動画は何千回も再生されました。
出典:https://www.thedodo.com/dog-hides-under-bed-adopted-1513975918.html

犬にうつ病が発症したときの症状は、お散歩に行きたがらなかったりご飯を喜ばない、手足をなめ続ける等のストレス行動が見られるそうです。 一見元気がないだけのように見えるでしょうが、実はうつ病に罹っていたなんてこともあるかもしれません。 プリンセスの様子はあまりにも衝撃的だったのでしょう。 この動画はあっという間に拡散されたといいます。 それほどみんなの関心を集めたのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー