酷いもつれに苦しんでいた犬。3時間の格闘で2キロの被毛を刈って見違える姿に変身!

酷いもつれに苦しんでいた犬。3時間の格闘で2キロの被毛を刈って見違える姿に変身!

1974
update

シーズーミックスのラグズはある日知らない男性の裏庭に姿を現しました。4歳ほどと思われるラグズの被毛は酷いもつれからまるで毛玉のようでした。やがて男性によってミシシッピー州にあるClarksdale Animal Rescue Effort and Shelter(CARES)に引き渡され...

1974
update

その姿はまるで大きな毛玉

ラグズを苦しめていたものとは?

01

www.facebook.com

ラグズの被毛のもつれは酷く、体を締め付けていました。その様子を見たCARESのスタッフはただちに彼を解放する作業に取り掛かりました。
「今まで一番酷いもつれだったわ。長い時間をかけて耳や脚周りに絡みついて、それにノミだらけだったの」CARESのペイジ・ドハーティーさんはそう話します。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/rescuers-shave-matted-shih-tzu-mississippi

こちらがCARESに来たばかりのラグズの様子です。 ペイジさんがおっしゃる通り、耳周りと足周りのもつれが特に酷いことがよくわかりますね。 シーズーなどの毛が伸びるタイプの犬種にはトリミングが必要不可欠なはずですが、一体どんな扱いをすればここまで酷い状態になるのか疑問ですね。

辛いはずなのに…

02

www.facebook.com

ノミともつれで苦しいはずのラグズでしたが、シェルターに到着した時から穏やかで優しい犬でした。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/rescuers-shave-matted-shih-tzu-mississippi

このような辛い状況におかれた犬なら機嫌が悪くてもおかしくありませんが、スタッフさんに抱かれるラグズの顔には笑顔が見えます。 きっと助けてもらえるということを悟っていたのでしょうね。

3人がかりの格闘が始まった

03

www.facebook.com

CARESのスタッフ2人とボランティア1人での毛刈りの作業が始まりました。作業の間もラグズは実に我慢強く終始スタッフの手を舐めていました。
「もつれが固くてハサミで分割しながら皮膚をひっぱり過ぎないように剃らなければならなかったの」とペイジさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/rescuers-shave-matted-shih-tzu-mississippi

こちらが毛刈り作業の様子です。 汚れていた被毛が取り除かれると、やっとシーズーらしい毛色が姿を現しましたね。

もつれていた被毛が、まるで毛皮を一枚脱いだくらいの厚みがあるのがわかります。 ここまでになると、さぞ重く苦しかったことでしょう。 それでも笑顔を絶やさないラグズは、天性の人懐こさがある子なのかも知れませんね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー