奇跡と感謝の連続。うにの術後経過は想像以上に…

奇跡と感謝の連続。うにの術後経過は想像以上に…

1568

連載45回目。クリスマスムード漂う中、うにの手術から1ヶ月が経った我が家は思っていた以上に平和です。はろがここへきて急性胃腸炎になったこと、我慢してくれてたいろいろかなぁと感じつつありあまる元気に驚いちゃうよ。うにの付き添いばかりでごめんね。

1568 |

緑内障その後。

長かった11月を終え、うには1ヶ月検診クリア、カラーはもう少し付けておこうか、という状況であるも経過はバルブの詰まりもなく順調です。 もちろん点眼薬3種類、ステロップ、エイゾプト、ヒアレインは日に3回点眼、眼球マッサージは気がついた時にしています。

う

うにももはや嫌がらず、いや、嫌がるときもあるけれども受け入れてくれています。 眼球マッサージのみは気持ち良さそうです。 点眼をし続けるとどうしても眼の下が荒れたり変色したりするので、毎日洗うようにして清潔にしています。

う

カラーも慣れてしまったのか家の中では特に嫌がることもなく、がんばってくれていますが、これ散歩のとき少々問題があり厳重な監視下のもと外して散歩に出るようになりました。

う

なんと、カラーに隠れて拾い食いや地面に顔を埋めるように。 散歩をさせる側からは見えない、なかなかね。眼だけ触らぬよう気をつけていればいいので、散歩中は比較的カラーを外すには問題はなかったので、束の間の休息。 はろはボール命ですが、うにはどちらかというとぼんやり鳥を見たり、風を感じたり、ブランコやベンチで寝ていたりマイペースに楽しんでいるので一緒に横に座っていさえすれば眼は守ってあげられるので安心です。

う

ソフトカラーもとても役に立ちました。 ただ毎日散歩に行くと、泥だらけ。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー