親友を失い悲しみに暮れていた犬。再び笑顔をくれたのは人懐っこい4匹の子猫達だった

親友を失い悲しみに暮れていた犬。再び笑顔をくれたのは人懐っこい4匹の子猫達だった

2030

マラミュートのフローラには大の親友がいました。それは20歳のシニア猫デクスター。家族は生い先短いデクスターをあえて保護団体から家族に迎えたのです。やがてデクスターは天国に召されたのですが、2年が過ぎてもフローラはデクスターの死に向き合えないでいました。そんなある日...

2030 |

友を失い立ち直れずにいた犬

デクスターのいない生活

01

www.facebook.com

「フローラはすごく落ち込んでいたの。家じゅうをうろうろしてすすり泣いたり、あまり家の中に居たがらなくなって、めったにしない遠吠えもしてたわ。そんな姿に私達は心を痛めていたの」フローラの飼い主で保護団体Best Friends Animal Societyの責任者ジル・ウィリアムズさんはそう話します。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-fosters-kittens

こちらは在りし日の親友デクスターとフローラの思い出の一枚です。 とても穏やかな顔つきのフローラと、そしてそんな彼女に寄りかかるように眠るデクスター。 その光景から2匹の美しい友情が脳裏に浮かんできます。

フローラはデクスターに初めて会った日から夢中になったのだそう。 大切な友達を失い悲しんでいるフローラの様子を想像すると心が痛みます。

預かりとしてやって来た4匹の子猫

02

www.facebook.com

フローラの心の傷を癒そうと家族は2匹の子猫を新たに迎えました。しかし子猫達はデクスターのようにフローラと寄り添うことを好みませんでした。やがて家族は子供達に預かり活動の大切さを教えるため、イギー、ボウィ、ロキシー、グラマーという4匹の子猫の預かりを始めました。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-fosters-kittens

小さな頃から動物と一緒に暮らしたり触れ合わせたりするとやさしい人間に成長するとよく耳にします。 そしてただ一緒に暮らすだけでなく、預かりをすることで、動物達が置かれている厳しい現実を知る事ができます。 そんな思いでジルさんは4匹を預かったのでしょうが、のちに4匹は子供達だけでなくフローラの生活にも大きな影響を与えることになったようです。

待っていたのはこの子達だった

03

www.facebook.com

4匹が家に着くやいなやフローラは覚醒しました。そして飼育環境が整うと遂に4匹と対面を果たし、その瞬間デクスターの死からずっとフローラが求めていた暮らしが戻ったのです。
「まずは怖いもの知らずのイギーが近づいて、それに答えたフローラに威嚇をすることもなく、その後に3匹がイギーに続いたのよ。フローラの笑顔がはじけたわ」とジルさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/dog-fosters-kittens

かわいい子猫達に囲まれてとても幸せそうな笑顔を浮かべるフローラ。 その穏やかな表情は、デクスターとの思い出の一枚に匹敵するほどですね。 もしかするとフローラは自分から積極的にしかけて行くタイプではなく、相手の方から歩み寄ってくれるのを待っているタイプなのかもしれませんね。 いずれにせよ、フローラが喜んでいることがなにより嬉しいですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー