大地震で瀕死の重症に。命を諦めなかったスタッフとの絆で完全に回復した猫に感動

大地震で瀕死の重症に。命を諦めなかったスタッフとの絆で完全に回復した猫に感動

1463

2010年にニュージーランドで起きた地震で、瀕死の重傷を負ってしまった一匹の猫。どうしても助けたい、元気にしてあげたいという診療所スタッフの熱い思いと、諦めずに頑張り抜いた猫の強い生命力が、奇跡を起こします。

1463 |

2010年9月の朝 フロイドを襲った悲劇

neko

www.furtography.co.nz

フロイドという名のその猫は、2010年の9月に起きた地震で恐ろしいケガを負いました。
出典:http://www.furtography.co.nz/floyd-unknown-cat-quake-cats/

瞳がきれいでとてもハンサムなフロイド。

しかしニュージーランドの道路を散歩していたところ突然大きな地震が起こり、建物は崩れ、フロイドは怪我を負ってしまったのです。

頭蓋骨が砕けるほどの大怪我

頭蓋骨が割れるほどの大怪我

www.furtography.co.nz

建物が崩壊して建物の瓦礫の下に埋もれてました。フロイドは頭蓋骨に傷を負ってしまい、手術をしました。
出典:http://www.furtography.co.nz/floyd-unknown-cat-quake-cats/

突然目の前が真っ暗になり、何が何だか分からない状況では人間でもパニックになります。 それも傷を負ってしまったなら尚更ですよね。

フロイドが見つかるまでに何日もかかってしまい、発見されたときは瀕死に近い状態だったそうです。 頭蓋骨が砕けている他にも身体中に怪我をしていたようで、かなり深刻な状態だったことが想像できます。

何とか命は助かりましたが、辛く大変な日々は続きます

大地震で負ったひどいケガから、完全に回復して元気に生きている猫ちゃんの物語

www.furtography.co.nz

手術は成功し命はとりとめましたが、歩くこと、食べること、何もかもができなくなってしまったのです。「なんとか元の生活ができるくらいまで治してあげたい」と、診療所のスタッフは24時間体制でフロイドをケアしました。
スタッフたちの献身的なケアのおかげで、フロイドは何年もかけて少しずつ出来ることを増やしていき、元気を取り戻していき、猫らしい仕草ができるようになるまで5年かかりました。
出典:http://www.furtography.co.nz/floyd-unknown-cat-quake-cats/

大事な頭に傷を負ってしまったフロイドですが、手術は無事に成功したそう。 でもこれで終わりではありません。 生きていくためのリハビリを、根気強く諦めなかったスタッフさんには頭が上がりませんね。 そしてそれに答えるように順調に回復していって本当に良かったです。

辛い治療を乗り越えた仲間と一緒なら、フロイドも安心して過ごしていったでしょうね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー