出会いを待つ最後の子猫。空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性が決断したこととは?

出会いを待つ最後の子猫。空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性が決断したこととは?

1991

生後2か月ほどの子猫のウィニーはシェルターでたった一匹取り残され新しい飼い主さんとの出会いを待っていました。そんなある日、リアノンという名の若い女性が寄付をするためシェルターを訪れたところ、一人ぼっちのウィニーにの存在に気付きました。猫好きでずっと猫を飼いたいと思っていたリアノンさんは...

1991 |

空っぽのシェルターの片隅に

仲間はみんな行ってしまった

01

www.lovemeow.com

「施設に入ると一つだけ子猫のいるケージがあったの。臆病そうだったけど、ケージの格子に触るとすぐに鳴きながら近づいて来たわ」とリアノンさん。
ウィニーの母親は10月にシェルターに収容され、ウィニーを産んだ後に命を落としてしまいました。しかしウィニーは元気に成長し出会いを待っていたのです。
出典:http://www.lovemeow.com/last-kitten-at-shelter-reaches-out-to-woman-and-asks-her-to-take-her-home-2518977365.html

こちらがリアノンさんが出会った子猫のウィニーです。 他の猫達が次々と新しい家族と共に施設を去って行くのを見送るのは、ウィニーにとって辛かったことでしょう。 母猫との悲しい別れやシェルターの仲間との別れと、お別ればかりを経験してきたウィニーの気持ちを考えると心が張り裂けそうになります。

行かないで~!

02

www.lovemeow.com

ウィニーのかわいい瞳にリアノンさんは恋をしました。やがて譲渡手続きのためケージを離れると不安になったウィニーは泣き始めました。
「私が戻って来るまで泣きながら必死にケージの隙間から手を伸ばそうとしたの」とリアノンさん。
出典:http://www.lovemeow.com/last-kitten-at-shelter-reaches-out-to-woman-and-asks-her-to-take-her-home-2518977365.html

せっかく出会えた人がまたどこかへ行ってしまう。私はまた一人ぼっちになるの? ウィニーが必死に泣き叫んだのはそんな思いがあったからなのでしょうね。 でも一人ぼっちはほんの少しの間だけ。 なぜならこれから大好きな人とお家に帰るのですから。

3時間で本領発揮!

03

www.lovemeow.com

新しい環境に緊張したのか、家に着くと本棚に逃げ込んでしまいました。しかし3時間後には臆病だったウィニーは自信満々で家の中を我が物顔で走り回ったのです。
出典:http://www.lovemeow.com/last-kitten-at-shelter-reaches-out-to-woman-and-asks-her-to-take-her-home-2518977365.html

どんなに元気いっぱいの子猫でも、新しい環境に移ると必ずと行っていいほど様子見をするものです。 ウィニーも3時間かけて家の中を観察しながら「ここは大丈夫にゃ」なんて思ったのかもしれませんね。 そうなるともうウィニーの天下ですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー