痛みから撫でることができなかった犬。相性抜群の男性と出会い新たな冒険の旅に出発!

痛みから撫でることができなかった犬。相性抜群の男性と出会い新たな冒険の旅に出発!

2324
update

1歳のボーダーコリー犬コングは飼い主によるネグレクトの末、オクラホマ州クレアモアの保健所に身柄を移されました。コングの体のあちこちには脱毛があり、日差しにさらされた皮膚は赤みを帯びるほど日焼けし触ることすらできない状態でした。そんなある日...

2324
update

抱きしめることもできなかった

回復を目指し保護施設へ

01

www.facebook.com

コングはテキサスにある保護団体Border Collie Rescue & Rehab(BCRR)に引き取られ、健康を取り戻しました。そしてBCRRのウェブサイトでは#387として里親募集が開始されました。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/border-collie-zib-cuddles-new-dad-texas

こちらがBCRRに引き取られて間もない頃のコングの姿です。 ご覧のように被毛が抜け落ちた部分はピンク色になっていてとても痛々しい状態です。 これではどんなに撫でてあげたくても難しいですね。 いち早くBCRRの目に留まり、治療をしてもらえて本当に良かったですね。

#387?好きになるのに名前なんて関係無い!

03

www.instagram.com

ダラスに住む男性カーティスさんはコングの笑顔や好奇心旺盛な瞳に心を奪われました。
「預かりママが彼がどんな子か話してくれて、僕も自分のライフスタイルの事を話したんだ。すると彼女が僕らは完璧なマッチだって言ったんだ」とカーティスさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/border-collie-zib-cuddles-new-dad-texas

ボーダーコリーと聞いてまず思い浮かぶのが高い身体能力です。 そして彼らの欲求を満たすには相当な運動量が必要となります。つまりボーダーコリーの飼い主に向いている人はアウトドア好きと言ったアクティブなタイプの人でしょう。 カーティスさんのインスタグラムを拝見すると、お休みの日には趣味のバイクでツーリングにお出かけされている様子がたくさん投稿されていて、とてもアクティブな生活を送っている方に見えます。 預かりママさんが二人がぴったりだと言ったのはカーティスさんのライフスタイルがコングに合っていると思ったからなのでしょうね。

やっと会えた!

04

www.instagram.com

IT業界でセキュリティー関連の仕事に就いているカーティスさんは、忙しい毎日を送る自分には犬を飼う資格があるか悩みました。しかし言葉にできない何かが彼の背中を押したのです。やがて面接や家庭訪問などの関門をパスし、やっとのことで二人の対面が実現したのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/border-collie-zib-cuddles-new-dad-texas

こちらが待望のご対面を果たしたカーティスさんとコングの様子です。 嬉しさのあまりカーティスさんの顔からは自然に笑みがこぼれ出していますね。 そしてコングのテヘペロ顔も喜びをさりげなく表現していますね。 見るからに息の合いそうな二人。 彼らのこれからにはどんな素晴らしい日々が待っているのでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー