飼い主の悲しい選択。空港に置き去りにされたケガを負った子犬に新たな犬生を願う

飼い主の悲しい選択。空港に置き去りにされたケガを負った子犬に新たな犬生を願う

2230

アメリカ・ラスベガス市にある空港で発見されたのは3か月齢の小さなチワワでした。チューイーと名付けられていたこの子犬は,この空港に放置されていたのです。しかしこれには深い理由が・・・彼と一緒に残されていた手紙にその事実が記されていました。

2230 |

けがした愛犬を放置しなければいけなかった理由

空港に放置されたチワワ

空港に捨てられていたチワワ

www.facebook.com

こちらがチューイー(Chewy)です。けがを負った状態で空港内に放置されていました。
出典:https://www.boredpanda.com/abandoned-chihuahua-chowy-heartbreaking-owner-note-las-vegas-airport/

まだまだ小さく,誰かの助けが必要な子犬。

傷心しきった様子で,人間の肌のぬくもりを全身で感じている様子です。

犬と共に残されていた手紙

空港に捨てられていたチワワ

www.facebook.com

チューイーと共に残されていたのは,ある手紙でした。その手紙には次のような内容が記されていました。
「こんにちわ!僕はチューイー。僕の飼い主さんは,虐待を受けているんだ。だから,僕を飛行機に乗せる余裕がなかったみたい。本当は僕と一緒に行きたかったみたいだけど,こうするしかなかったんだ。
喧嘩中に私の元彼がチューイーを蹴って,彼の頭に大きなたんこぶができたの。病院に連れて行った方がいいと思う。私は,チューイーのことを本当に大好きなの。どうか愛情を注いで彼の世話をしてあげてください。」
出典:https://www.boredpanda.com/abandoned-chihuahua-chowy-heartbreaking-owner-note-las-vegas-airport/

なんとかこの状況を説明しようと,急いで書いた様子が感じられます。

チューイーの目線で書くことで,もしかしたら彼も自分の取った行動に対し少しでも理解を示してくれていることを願ったのかもしれません。

そして,自分の言葉で書くことで,これが嘘ではない状況,真実であるということを切実に伝えたかったのかもしれません。

どちらの言葉にも共通することは,「この飼い主さんは,チューイーのことを本当に愛している」ということでしょう。

彼のことを思って選んだ悲しい選択に心が痛みます。

保護団体との出会い

空港に捨てられていたチワワ

www.facebook.com

幸運なことに,この犬を発見した親切な人が,”Connor and Millie’s Dog Rescue”という保護団体に彼を連れて行ってあげたのです。
出典:https://www.boredpanda.com/abandoned-chihuahua-chowy-heartbreaking-owner-note-las-vegas-airport/

発見した人はびっくりしたでしょうね。空港で飼い主の姿が見えない犬を発見してしまったのですから・・・

しかし,この人は,悲しい選択をせざるを得なかった飼い主さんの思いを十分に汲んであげたようです。

愛嬌たっぷりの表情を見せるチューイー・・・飼い主さんも胸が引き裂かれる思いだったことでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー