世界には愛が溢れている。愛犬『うに』へと繋がっていく思いに感動

世界には愛が溢れている。愛犬『うに』へと繋がっていく思いに感動

1864
update

連載46回目。 戌年。 十二年に一度の戌年です。 お正月の被り物を見ていたら…うん、被る必要もないもんね、イヌですよ、そのままで そりゃ売ってないわ。 次は十二年後か、と思うとどのわんこも今を飼い主さんと楽しんでほしい!

1864
update

2018!平成も30年だって!

r

さて新年無事にあけまして、おめでとうございます。本年もゆるくですが更新して参りたいと思いますので、お時間ゆるす限り目を通していただけたらと思います。

飼い主、母、年末どどーんと体調を崩し、これでもか、くらいな盛りだくさんな年越しでした。新年早々病院通い、点滴。 ただ、あれだけの手術をしたうにの眼が束の間でも安定していること、これにはこの上ない安堵とほのかな幸せを感じています。

実は。

r

これも新年押し迫るまさにクリスマス、うにの眼がまた閉ざされてしまった日がありました。あの緑内障を発症した忘れもしない11月12日を彷彿とさせるうにの右眼。 もう来たか、失明するときがこんなにも早く来てしまったか、と絶望感に浸っておりました。 そして、覚悟はきめたつもりだったのに、めまいとともに湧き上がる絶望感。しっかり受け止めなければ!という腹の底に渦巻くチカラ。 

うにはろ45回

クリスマス当日眼科へ。 眼の角膜に細かい傷がついている、だけ、とのこと。安堵とともにめまいアゲイン。 眼圧を測る時に付いてしまった傷だということ。いろいろありますね…きっとこれからも。 ステロイド点眼は中止し、ヒアレインのみ一週間。年明け再診。その安堵感から?母は倒れ、飲まず食わずな勢いの新年。

ふう。ほっ。

r

そんな母をよそにうにの眼は新年早々の検診で、やっと安定の二文字を手に入れました。 バルブインプラント手術。 なかなか安定は難しい…と理解はしていました。ありがとう、と空に向かって叫びたくなるこんな気持ち。今までなかったかな。 話せないうにに起こった奇跡。 もちろん油断はしないように、欲張らないように、日々をたいせつに。

r

7歳と数ヶ月。視力を失うには早すぎる、と思って望んだ手術。たくさんの方々に無償の協力をしていただきました。世界にはこんなに心が溢れているんだ、とうにをこの腕に抱えながら涙が止まりませんでした。 また今年手術をせねばならないでしょう。 埋め込んだバルブのまわりは石灰化してくるのだそうです。 バルブ詰まりもまた起こります。 バルブの寿命もそう長くはない。 現代医療の希望と限界が詰まったうにの眼です。

緑内障を公表してから、インスタグラムのコメント欄に、他、あらゆるサイトに届いた世界中からのメッセージ。こんなに励まされるとは正直思わなかったです。感動とは無縁のところにいると思っていたじぶんが覆され、涙が溢れる毎日。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー