寒空の下で救われた猫姉弟。弟を守る姉の姿に家族が一緒にいることの大切さを学ぶ

寒空の下で救われた猫姉弟。弟を守る姉の姿に家族が一緒にいることの大切さを学ぶ

2074
update

それはクリスマス前のことでした。2匹の子猫が凍てつく寒さのブルックリンの街で食べ物を探してさまよっているところを発見されました。2匹をみつけた心優しい二人の市民は彼らにはどこか安全で温かいところが必要だと感じたのです。そして…

2074
update

厳しい寒さのブルックリンの冬

2匹を助けたい!

01

www.facebook.com

ブルックリンにある保護団体Infinite Hope(IH)は市民から2匹の事で連絡を受けました。
「人に近寄りたがらないと聞いて捕獲機を設置したの。捕まえた後で2匹の顔が少し変わってることに気付いたの」とIHのミシェルさん。
出典:http://www.lovemeow.com/kitten-comforts-her-shy-brother-after-they-were-saved-from-freezing-weather-out-on-the-streets-2526397459.html

こちらは弟のダックティルです。 確かに彼の目は辛うじて開いている状態ですし、目の周りはピンク色でなんだか痛々しい感じがします。 もしかするとこの姉弟はなんらかの障がいを持って生まれて来たのかもしれませんね。

2匹の顔の秘密

02

www.facebook.com

獣医に診せると2匹が生後4~5か月で、変わった顔は染色体異常の仕業であるものの健康には影響が無い事がわかりました。
「ダックティルは逆まつげもあったの」とミシェルさん。
出典:http://www.lovemeow.com/kitten-comforts-her-shy-brother-after-they-were-saved-from-freezing-weather-out-on-the-streets-2526397459.html

こちらは姉のモレラです。 ほんの少しですが顔が健常な猫と少し違うのがわかりますね。 染色体異常という状態で生まれながらも、それが健康を害することが無いのは幸いですね。 しかしダックティルの場合は、逆まつげというもう一つの問題があったのですね。 逆まつげは、眼球に当たり続けると角膜に潰瘍ができたりするなど痛みを伴う辛い状態です。 ダックティルの目が辛そうに見えたのはこれが原因だったのですね。

苦しみにサヨナラ

03

www.facebook.com

ダックティルの苦しみを取り除くため、外科的手術が施されました。やがて退院し姉と再会すると、姉のモレラが寄り添い癒しをくれました。
出典:http://www.lovemeow.com/kitten-comforts-her-shy-brother-after-they-were-saved-from-freezing-weather-out-on-the-streets-2526397459.html

辛い街での放浪生活で、姉のモレラは弟をいつも守るように暮らしていたのだそう。 それを聞くと手術を終え再会を果たした弟を警護するように寄り添うモレラの行動には納得ですね。 そんな仲良しの2匹ですが、それぞれどんな性格の持ち主なのでしょうか。

次のページ強い姉弟愛
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー