悲しい表情をした犬。女性が投稿した動画が話題になり最高の結果を呼び込むことに!

悲しい表情をした犬。女性が投稿した動画が話題になり最高の結果を呼び込むことに!

3986
update

人間は悲しい時、嬉しい時、そして悔しい時は涙を流します。では動物はどうなのか?彼らにも人間同様に感情があります。では犬も涙を流すのでしょうか。昨年11月、米ノースカロライナ州シャーロットにあるシェルターに収容された一匹のピットブルの動画がSNS上で思わぬ反響を呼びました。果たしてその理由とは?

3986
update

悲しみに沈むピットブル

その目は潤んでいた

00

www.facebook.com

ピットブルが涙を流している。保護団体Greater Charlotte SPCA(GCSPCA)のボランティアであるサラさんの目にはそう映りました。
「犬を数匹引き取るつもりで訪れたシェルターでまるで人間みたいなピットブルを見たの。とても悲しそうで、しゃがんで話しかけてみたの」とサラさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/sad-dog-crying-in-shelter-adopted-north-carolina

こちらが収容当時シナモンと呼ばれていたピットブルです。 確かに彼女の目は潤んでいて、涙を流したような跡が見られます。 単なる目ヤニだと思われる方も多数いらっしゃるでしょう。 しかしサラさんがシナモンが泣いていると思ったのにはそれなりの理由があったようです。 一体シナモンの身に何が起こっていたのでしょうか。 とても気になりますね。

その涙はきっと本物

01

www.facebook.com

7歳のシナモンは見るからに最近出産した様子で、サラさんが話しかけると目から涙があふれて来ました。飼育放棄されたばかりのシナモンは明らかに不安な様子だったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/sad-dog-crying-in-shelter-adopted-north-carolina

ご覧のようにシナモンのオッパイはつい最近まで子犬にミルクをあげていたように見えます。 シェルターに引き取られた時は子犬達とは一緒ではなかったということから、無理矢理愛する子供達から引き離され捨てられた可能性も否めません。 我が子を失い、居場所を失ったシナモンが悲しくて涙を流していた。 サラさんはきっとそう信じたのでしょう。

何とかしなきゃ!

02

www.facebook.com

「彼女は子犬生産マシーンとして自由を奪われていたらしいの。何度も何度も産まされて来たことは明らかだったわ」とサラさん。
不幸にも預かり不足でGCSPCAではシナモンを引き取ることができません。それでもサラさんはなんとか助けたいとスマホのカメラを回しました。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/sad-dog-crying-in-shelter-adopted-north-carolina

預かりという活動に無理は禁物です。 しかし目の前に悲しんでいる犬がいる。そう思うとサラさんは居ても経っても居られなくなったのでしょう。 幸運にも今の世の中にはSNSという強い味方があります。 ノースカロライナのシェルターで助けが必要なピットブルがいる。 そのことを広く世間に知ってもらうには動画を撮影し投稿することは非常に有効な手段かもしれませんね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー