寂しいと体調を崩す犬。留守番が苦手な愛犬のために飼い主が思いついた解決策とは?

寂しいと体調を崩す犬。留守番が苦手な愛犬のために飼い主が思いついた解決策とは?

2329
update
posted2018/07/01

フロリダ州に住む女性サマンサさんは2014年にマイアミのシェルターから愛犬レディを譲り受けました。心と体に問題を抱えていたレディをスタッフは勧めませんでしたが、それでもサマンサさんはレディを引き取ったのです。一体レディはどんな問題を抱え、サマンサさんはどのようにして解決したのでしょうか。

2329
update
posted2018/07/01

誰がなんと言おうとも

この子に決めた!

01

www.instagram.com

「この子は栄養失調で皮膚も悪いから手がかかるって言われたけど、私は運命を感じたの。ケージの中で悲しそうにしてたけど、出してみると尻尾を振ってキスをくれたの」とサマンサさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/anxious-dog-bonds-with-rescue-kitten

シェルタースタッフはサマンサさんに負担をかけたくなくてレディを引き取ることを勧めなかったのかもしれません。 しかし"自分が引き取らなければこの子はどうなるの?" きっとサマンサさんはそう感じたのでしょうね。 彼女ほどの覚悟があれば、きっと健康は取り戻せるはずです。

レディが抱えていた問題とは?

02

www.instagram.com

「すぐに病院に連れて行ったら疥癬だったことが分かったの」とサマンサさん。
レディは体重を増やす必要もありましたが、何よりも問題なのは分離不安でした。
「小さい頃から私が出かけるたびに体の調子を崩していたの」
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/anxious-dog-bonds-with-rescue-kitten

疥癬や栄養失調は治療や栄養補給で解決できる問題です。 しかし、分離不安のような心理的な問題は一筋縄ではいきません。

この事態に、サマンサさんはどのように対応したのでしょうか。

留守番がダメなら...

03

www.instagram.com

当時大学生だったサマンサさんは教室に同伴することで問題を解消していました。
「海洋学の教授に許可をもらって大学時代はなんとかやり過ごしたの。レディはすごくいい子でクラスのみんなのそばにいるのが好きだったわ」とサマンサさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/anxious-dog-bonds-with-rescue-kitten

教室に盲導犬や介護犬ではなくペット犬を同伴できるとは、さすがアメリカと言った感じですね。 大学時代はこれで良かったのかもしれませんが、これでは本質的な問題の解決にはなっていないような気がします。 そして案の定、更なる問題にサマンサさんはぶつかったようです。

大学院では同伴NG

04

www.instagram.com

大学院に進むとレディの同伴を許可されませんでした。そこでサマンサさんは考えました。
「レディは近所の猫と仲良しだったの。だから猫を飼う事にしたのよ」とサマンサさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/anxious-dog-bonds-with-rescue-kitten

確かに、もう一匹猫や犬を飼う事で分離不安が解消したといった例は多々あります。 再びレディを引き取ったシェルターへ向かったサマンサさんですが、レディのためにどんな子を選んだのでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー