絶対にあきらめないにゃ。命の危機だった子猫が驚きの生命力で闘いに打ち勝った

絶対にあきらめないにゃ。命の危機だった子猫が驚きの生命力で闘いに打ち勝った

3346

米オレゴン州ポートランドに住む女性シェルビーさんは経験豊富な保護活動者であり預かりボランティア。ある日彼女は助けが必要な5匹の子猫のことを知り、同州シャーウッドにある保護施設Cat Adoption Teamを訪れました。5匹はとても弱々しく助かる可能性が低いと思われていたのですが...

3346 |

5匹の弱った猫兄弟

あまりの辛さに…

01

www.instagram.com

昨年9月にシェルビーさんが施設を訪れた時、5匹のうちの1匹であるアトラスがケージの柵に顔を押し付けていました。
「気を引こうとしてるのかと思ったけど、実は辛くてそうなってたの」とシェルビーさん。
出典:http://www.lovemeow.com/rescue-kitten-no-one-thought-would-survive-fights-alongside-his-siblings-now-4-months-later-2527258018.html

こちらがシェルビーさんの話していたアトラスです。 ケージの中にいる子猫はしばしば柵から手を伸ばして人を呼ぶ仕草をしますが、アトラスの場合はしんどくて何かに寄りかかっていないと立っていられない状態だったのでしょうね。

兄弟5匹の中でも一番弱っていたというアトラス。 この子がこの先、元気を取り戻して成長できるのかとても心配ですね。

闘いは始まったばかり

02

www.instagram.com

シェルビーさんは5匹を引き取りました。すると数匹が調子を崩し始め、一番小さくて弱いアトラスは危険な状態でしたが初日から闘う姿勢を見せました。
「最初の夜はどうにか越したけど、闘いはまだまだ終わらなかったわ」とシェルビーさん。
出典:http://www.lovemeow.com/rescue-kitten-no-one-thought-would-survive-fights-alongside-his-siblings-now-4-months-later-2527258018.html

子猫の健康状態を維持するのは想像以上に難しいことです。 母親がいる子猫なら体温調節は母猫がしてくれますが、人の手でお世話する場合、体温を低下させることは命を落とす事にも繋がりかねません。 そして子猫の生死の決め手はその子の持つ生命力が鍵と言っても過言ではありません。

まだまだ安心できない状態のアトラスは、峠を越えることはできるのでしょうか。

声援を力に

03

www.instagram.com

数日後、アトラスの状態は更に悪化し姉のフィービーと共に命を危ぶまれました。
それでもシェルビーさんは2匹を撫でながら励ましのエールを送り続けました。すると諦めないと言わんばかりに突然アトラスの小さな手がシェルビーさんの手を掴んだのです。
出典:http://www.lovemeow.com/rescue-kitten-no-one-thought-would-survive-fights-alongside-his-siblings-now-4-months-later-2527258018.html

声援とは時に思わぬパワーやエネルギーをくれるものです。 スポーツ選手が声援を力に変えて勝てたと話しているのをたびたび耳にしますが、その効果は猫に対してもあるのかもしれません。 シェルビーさんのがんばれという声援がアトラスとフィービーに力をくれ、アトラスがそれに答えたのでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー