信頼関係があればライオンは危険な動物ではない!人間とライオンの強い絆

信頼関係があればライオンは危険な動物ではない!人間とライオンの強い絆

1354
update

ライオンは肉食獣で、動物や時には人間をも獲物にしてしまう狂暴な動物です。私たちは普段、ライオンに触れられるほど近くに行くような危険なことをすることはありませんが、一人の男性は母親に捨てられた子供のライオンを拾って、なんと大きくなるまでずっと育てることにしたのです…。

1354
update

母親に捨てられた子どものメスライオン

jioness

honesttopaws.com

ある日モディサの25000エーカーの制限区域の近くで、バレンティンさんは何かが横たわっているのを見ました。
それはライオンの子供でした。
出典:http://honesttopaws.com/man-and-sirga-the-lioness-reunite/?as=799

野生保護団体に所属しているバレンティンさんは、熱い土の上で横たわってる子供のライオンを見つけました。 その子ライオンは、生まれてから10日しかたっておらず体重は20ポンドほどでした。 こんなに小さい子供の状態なら必ず母親の世話が必要ですが、この子ライオンは母親から捨てられて、脱水症状を起こし死んでしまいそうになっていたそうです。

人間がライオンを育てる

lioness

honesttopaws.com

バレンティンさんはその小さな子ライオンを拾い上げ、Sirgaと名前を付けました。
しかし彼女を、健康な状態に戻すために看病することは簡単なことではありませんでした。
出典:http://honesttopaws.com/man-and-sirga-the-lioness-reunite/?as=799

ライオンの子供を育てるにはどうすればいいのか、皆さんには想像がつくでしょうか。 ペットなどで飼われる動物ではありませんし、肉食動物なので人間を襲ったりすることはないかなどの心配もありますよね。 しかしバレンティンさんはまるでこの子ライオンの母親のように、とても親身になって看病しSirgaを育てていきました。

恐れる必要はない

lioness

honesttopaws.com

「私は、自分が特別な存在だと感じています。」
「誰もがみんな、ライオンから逃げ回ったりするわけではないのです。」
出典:http://honesttopaws.com/man-and-sirga-the-lioness-reunite/?as=799

バレンティンさんは、Sirgaの回復にとって重要なことは、人間との友情だと感じていました。 バレンティンさんがいつも側にいて看病し育ててきたおかげで、Sirgaはバレンティンさんを強く信頼するようになります。 ライオンというと狂暴な肉食獣というイメージがありますが、強い絆や信頼関係があれば人間にも危害を加えたりすることはなく、まるで大きな猫のように甘えてきたりするのですね。

信頼し合う人間とライオン

lioness

honesttopaws.com

「私はSirgaが、私たちの関係のことを誇りに思っているだろうと感じています。」
出典:http://honesttopaws.com/man-and-sirga-the-lioness-reunite/?as=799

Sirgaは今300ポンド以上の重さがあり、狩りをすることも学びました。 バレンティンさんは、Sirgaが野生の中で狩りをするために毎日8時間ほど獲物を探し回る間、ずっと一緒に歩き回ってあげているそうです。 これは確かに心強いですし、誇りにも思いますよね! バレンティンさんとSirgaの信頼し合う関係は、ライオンは人間を襲う危険な生き物であるという概念を変えてくれますね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー