目に問題を抱えた子猫。心を開き自信を持てるようになった影には大親友の存在があった

目に問題を抱えた子猫。心を開き自信を持てるようになった影には大親友の存在があった

2195
update

真っ黒子猫のインキーは美術教室に通っていた女性ハンナさんによって先生のお宅のお庭で発見されました。ほどなくハンナさんはインキーの目に異常があることに気付き、自宅に連れ帰ることになったのです。しかしこの時点でインキーの抱える問題がどれだけ深刻なものかハンナさんは知る由もなかったのです。

2195
update

美術教師のお庭での出会い

獣医師の冷静な忠告

01

www.instagram.com

「獣医さんに見せるとこの子はとても弱っているからあまり情を移さないように言われたの。この子は瞼がなくて、治療に時間がかかるからって理由だったみたい」とハンナさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/Inky-the-cat-with-no-eyelids

こちらが保護された当初のインキーです。 手のひらに乗るほどの小さな体のインキーですが、ぱっと見では瞼が無い状態で生まれて来たとは想像もつきません。 しかし、のちにその事実が鮮明になって来るのです。

誰が何と言おうとも

02

www.instagram.com

獣医の忠告に反し、ハンナさんはインキーを家族に迎える決意をしました。その日からインキーの目を守ることに力を注ぐことになったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/Inky-the-cat-with-no-eyelids

猫の飼育経験がある方ならば一目で違いがわかるかもしれませんが、瞼のある猫の目は人間で言うと二重瞼のようにひだがあり、そのひだがあるからこそ目を閉じることができます。 しかしインキーがしっかりと目を見開いた状態ではそのひだが全く無いことがこの画像だとよくわかります。 目を完全に閉じることのできないインキーはドライアイになったりしないのか気になりますね。

問題はたくさんあるけど...

03

www.instagram.com

月日は流れインキーの両目には角膜炎と形成不全があること、そして寄り目だったことが明らかになりました。
「彼の抱える症状は将来失明の可能性もあるわ。普通より眼球も小さいし。でもちゃん見えてるし見た目も健常な猫とそんなに変わりないのよ」とハンナさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/Inky-the-cat-with-no-eyelids

あらあら随分と成長しましたね。 確かにハンナさんがおっしゃる通り見た目にはさほど違和感はありません。 そして視力も完全な状態ではないながらもちゃんと見えているのは幸いです。 しかしいつの日か来るかもしれない光を失う日。 ハンナさんにとっては心が痛いところでしょうが、きっと彼女ならどんなインキーでも受け入れて大切にしてくれるはずです。

心の友との出会い

04

www.instagram.com

目に問題を抱えていてもインキーは他と違うとは思っていません。そしてなにより親友の犬の存在が彼の心の支えなのです。2年前に迎えられた犬のジャスパーはとても優しく物静かでインキーとの共存も問題なく、それどころか大親友となったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/Inky-the-cat-with-no-eyelids

こちらがインキーの心の友だというジャスパーです。 ジャスパーも怪我をした状態で放浪犬として保護されハンナさんの家族の一員となったのだそう。 お揃いのブルーの蝶ネクタイがとってもお似合いでかわいらしいですね。 それにしても2匹はどのようにして絆を深めて行ったのでしょうか。

偉大なるジャスパー

06

www.instagram.com

出会った時から2匹は仲良しになりました。寝る時もママの後を追う時もいつも一緒で、ジャスパーはインキーを見守り心を開くお手伝いをしてくれるのです。
「ジャスパーはインキーに自信をつけてさせてくれてるわ。彼の穏やかさがシャイなインキーをリラックスさせてくれてるの」とハンナさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/Inky-the-cat-with-no-eyelids

仲睦まじく身を寄せ合うインキーとジャスパー。 きっと2匹は出会うべくして出会ったのでしょうね。 その証拠に2匹のいるその空間には穏やかで優しい時間が流れているようです。

当初は引っ込み思案だったというインキーにはジャスパーのようなどっしりと構えてくれる存在が頼もしく、自分も見習いたいと思える憧れの存在なのかもしれませんね。 親友がいつもそばにいてくれて助けてくれるって本当にありがたいことですよね。

家族がいるからきっと乗り越えられる

08

www.instagram.com

インキーの闘病はまだまだ続いており、健康を維持するためのセラピーや治療が必要ですが、ハンナさんは彼のために挑戦し続けます。そしてその傍らにはいつも親友のジャスパーがいて励ましてくれているのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/Inky-the-cat-with-no-eyelids

人も動物も一人ぼっちでは生きていけません。 ましてや困難に立ち向かっている時、そばで助けてくれたり応援してくれたりする相棒という存在は大きな力を与えてくれます。 闘い続けるインキーにとってジャスパーは戦友のような役目を果たしてくれているのかもしれませんね。 そして頼もしいハンナママがいればこのチームは完璧です。

例え光を失う日が来ても、ママとジャスパーがいればきっとインキーは乗り越えられることでしょう。

インキー&ジャスパーの日常はインスタグラムで!
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー