廃墟でうずくまる犬。保護施設スタッフの愛情ある看護で再び笑顔を取り戻した軌跡。

廃墟でうずくまる犬。保護施設スタッフの愛情ある看護で再び笑顔を取り戻した軌跡。

932
update

Animal Aid Unlimited, Indiaはインド中で助けを必要とする動物達を救う団体。彼らの活躍で奇跡的な回復を遂げた動物は数知れずで、彼らの活動に世界中の人達が賞賛の声をあげています。そんなある日、またもや彼らに通報が。そして現場に駆け付けるとそこには...

932
update

通報を受けて現場へ

悲しい目をした犬

01

www.youtube.com

Animal Aid Unlimited, Indiaのスタッフ達が現場にかけつけると、そこには動けなくなった一匹の犬が身を潜めるように横たわっていました。 体じゅう傷だらけでどうやら歩くこと出来ない様子のこの白いワンコ。 ケガをしている動物が気が立っていたりして、こちらの意志が伝わらず助けようとしても威嚇して来たりすることがあります。 どうかこの子が大人しく捕獲されますように。

さぁ行こう!

02

www.youtube.com

交通事故にでも遭ったのでしょうか... 歩くことも動く気力も無いこのワンコは幸運にも暴れることなく大人しくレスキュースタッフの七つ道具でもある毛布にくるまれ無事廃墟を脱出することができました。 まずははじめの一歩は成功です。

なぜ歩けなくなったのか?

03

www.youtube.com

施設に到着しアルビーという名をもらったこの白いワンコですが、診察の結果、体のどこにも骨折はみつからなかった様子です。 しかし保護から10日経っても後脚はよろめきまだまだ完全復活には時間がかかる様子です。 ではなぜこの子は歩けなくなってしまったのでしょうか。 人間の場合でも、検査でなんの異常が見られなくても心に傷を負ったために歩けなくなってしまう人だっています。 もしかすると、アルビーも交通事故に遭った時のショックから立ち直れないでいたのかもしれませんね。

一ケ月後の驚きの変化に感動!

04

www.youtube.com

なんということでしょう! アルビーは自分自身のその足をしっかりと大地に降ろし、しっぽもくるんとご機嫌でスタッフさんに甘えているではないですか! そしてグラグラしていた後脚もしっかり立っていますね。 このレスキューの成功はAnimal Aid Unlimited, Indiaのスタッフの1か月に渡る努力の賜物です。 彼らのおかげでまた一つこの地球上にある一つの命が救われたのです。

これからも彼らの増々の活躍を期待したいですね。 そしてアルビーにも最高の幸せ=温かい家族がみつかるといいですね。

レスキューから復活の記録はこちらの動画で!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー