障がいのためいじめにあっていた少年を支えた猫

障がいのためいじめにあっていた少年を支えた猫

2688
update

米国オクラホマ州に住む7歳の少年は,学校でいじめに遭っていました。その原因は,割れた上口唇と,左右異なる色を持つ瞳という彼の外見だったのです。しかし彼は,そんな厳しい現実にも負けることはありませんでした。何故なら,彼には頼もしい味方が付いていたからなのです。

2688
update

同じ障がいを持つ少年と猫との出会い

マデン君の障がい

僕と同じ猫

www.facebook.com

マデン(Madden)君は,生まれつき口唇裂と虹彩異色症という障がいを抱えていました。そんなある日,マデン君の母親が加盟している”口唇裂の子を持つママの会”にある1匹の猫の画像が投稿されていることに気が付きました。この猫は,ミネソタ州にある動物保護団体で保護されていました。
出典:https://www.boredpanda.com/different-eyes-colors-cat-moon-boy-madden-friendship-christina-humphreys-oklahoma/

綺麗な黄色と青色の瞳を持つマデン君と猫。

左右の色の組み合わせまで同じですね。

まるで自分の息子の分身のような外見をした猫。画像を見つけた時はびっくりしたでしょうね。

運命的な出会い

僕と同じ猫

www.facebook.com

「私は,すぐにこの猫が私たちの家族になるべきだと思ったわ。だって,この猫は,マデンと同じ上唇が割れているだけでなく,左右異なる色の瞳をしていたんだから!マデンとこの猫は親友になると信じていたの。ペットが孤独を解消してくれるなんて不思議よね。」とマデン君の母クリスティーナ(Christina Humphreys)さんは語ってくれました。マデン君親子がこの猫を見つけたことはまるで奇跡のようでした。
出典:https://www.boredpanda.com/different-eyes-colors-cat-moon-boy-madden-friendship-christina-humphreys-oklahoma/

自分の息子と同じ障がいを持つ猫がいたら確かに放っておけないですよね。

そして,マデン君も可愛い猫が自分に似ていたら,可愛くて仕方がないでしょうね。

彼らの澄んだ瞳に吸い込まれそうになります。

マデン君は,自分に似た猫を抱っこしてとても嬉しそうですね。

そして,マデン君の家族もこんなに嬉しそうな彼の姿を見ると安心するでしょうね。

珍しい障がい

僕と同じ猫

www.facebook.com

”虹彩異色症”は,虹彩の一部分が少なくとも2つ以上の色彩を持つという症状です。虹彩の全体が虹彩異色症の場合,左右の瞳の色は全く異なるのです。そして,これは人口の1パーセント未満にしか現れない非常に珍しいケースだそうです。その上,口唇裂もまた非常に珍しい症状です。
出典:https://www.boredpanda.com/different-eyes-colors-cat-moon-boy-madden-friendship-christina-humphreys-oklahoma/

成長したマデン君からは,口唇裂の形跡があまりわかりませんでしたが,赤ちゃんの頃の彼からはよくわかります。

一方,瞳の色は大きくなった時の方がよくわかりますね。

そんな非常に珍しい症状を2つも抱えているマデン君。確かに,同じ症状を持った猫との出会いは奇跡に近いものがあるかもしれませんね。

運命的なプレゼント

僕と同じ猫

www.facebook.com

「私たちは普段そんなに積極的な性格ではないけど,この猫には愛情を注いであげたいと思ったの。そして,彼らを引き合わせてみて本当にびっくりしたわ。馬鹿げているように聞こえるかもしれないけど,まるで運命が彼らを引き寄せたみたい。」とクリスティーナさんは語ってくれました。
出典:https://www.boredpanda.com/different-eyes-colors-cat-moon-boy-madden-friendship-christina-humphreys-oklahoma/

保護施設に引き取られていた猫は,マデン君親子によって運よく再び愛されるという歓びを得ることになります。

そして,マデン君にとっては自分の分身のような猫に出会い,自分が一人ではないことを改めて実感したようですね。

どんな障がいを持っていても,大きな家族の愛情に包まれていれば・・・自分を愛してくれる人がいてくれれば・・・大きな自信につながりますよね。

力をくれた猫

僕と同じ猫

www.facebook.com

マデン君親子は,この猫を引き取りムーン(Moon)と名付けました。特徴的な外見を持ったムーンは,マデン君に不思議な力を与えたのです。その当時,マデン君を取り巻くいじめや心無い言葉に満ちた世界で,特徴的な外見を持ったもの同士,愛情を見つけることができました。
出典:https://www.boredpanda.com/different-eyes-colors-cat-moon-boy-madden-friendship-christina-humphreys-oklahoma/

人間の社会,特に子供の社会では,自分とは違うものに対して差別化を計ろうとします。なかには,面白半分で心無い言葉を浴びせる子供もいます。

どこの世界でも,どの時代でもいじめの問題はなくなることがありません。

そして,こうしてマデン君の様にいじめられた側が世間に訴えない限り分からないケースもあります。

ムーンとの出会いがマデン君を大きく変えたようですね。

マデン君はまだ7歳にもかかわらず,6回の手術を耐えてきました。そして辛いいじめにも耐えてきたのです。心が壊れそうにもなった時もありましたが,そんな彼にしかできないことを動画を通して世間に訴えました。その動画では,彼が経験した辛い過去が語られてます。「誰でも欠点はあるもの,だからこそ一生懸命他人に優しくしようとするのだと思うわ。」とクリスティーナさんは最後にこう語っています。
出典:https://www.boredpanda.com/different-eyes-colors-cat-moon-boy-madden-friendship-christina-humphreys-oklahoma/

一般的な人の何十倍も頑張ってきたマデン君。

ムーンはそんなマデン君に神から与えられた素敵なプレゼントかもしれませんね。このプレゼントのおかげで大きな力を身に付けたマデン君は,世界中のいじめに遭っている人たちのために立ち上がります。

これは,とても勇気が要る行動だと思います。

不思議な運命を感じる動物との出会いは,人をこうも強くしてくれるものなのですね。

ムーンをはじめマデン君家族によって少しでも心が救われる人たちが増えることを願います。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー