混雑する駅で…。紐で繋がれたままずっと現れない飼い主を待ち続ける犬の運命は

混雑する駅で…。紐で繋がれたままずっと現れない飼い主を待ち続ける犬の運命は

1354
update

地下鉄のプラットホームで、ずっと飼い主さんが戻ってくるのを待っていた一匹のワンちゃん。紐で繋がれているのでどこにも行くことができず、ただひたすらこのワンちゃんは飼い主さんの帰りを待ちますが、飼い主さんが戻ってくることはありませんでした。捨てられてしまったこの可哀想なワンちゃんの運命は…。

1354
update

飼い主を待ち続ける犬

subway

www.thedodo.com

ニューヨーク市の混み合った時間帯の地下鉄のプラットホームで、ずっと繋がれて行動を制御されている犬は、怯えた時間を過ごしていたことでしょう。
出典:https://www.thedodo.com/dog-left-at-subway-new-york-1998430743.html

公共施設などペットが入れない場所で用事がある時、連れていたペットをこのように一時的に紐で繋いで待たせることはありますが、このケースはどうやら違うようでした。 側にごみ袋のようなものが広げて置かれていますよね。 これは通りすがりの誰かが、このワンちゃんがベッドとして使えるように置いて行ってくれたもののようです。 一体このワンちゃんはどのくらい長い時間この場所にいるのでしょうか。

手を差し伸べてくれたボロックさん

subway

www.thedodo.com

「彼女は少なくとも1時間はそこにいたようで、誰も警察や動物管理センターへ連絡してくれた人はいなかったようです。」
出典:https://www.thedodo.com/dog-left-at-subway-new-york-1998430743.html

とても可愛そうなことですが、このワンちゃんはどうやら飼い主さんに捨てられてしまったようですね…。 プラットホームはせわしなく人々が行き交っていますが、このワンちゃんを助けてあげようとしてくれる人は誰もいないのでしょうか…と思っていたその時、一人の心優しいボロックさんという女性が警察へ連絡してくれ、このワンちゃんは無事に避難所へと救助されました。

ベッツィーの悲しい過去

subway

www.thedodo.com

「ベッツィーは恥ずかしがって臆病になっていましたが、避難所のスタッフたちは彼女の行動に心配になる必要はありませんでした。彼女は尻尾を振っていたのです。」
出典:https://www.thedodo.com/dog-left-at-subway-new-york-1998430743.html

このワンちゃんはすぐに避難所のスタッフたちに馴染み、名前もベッツィーと名づけられました。 そして調べてみるとこのベッツィーは、どうやら「捨てられたママ」のようでした。 ベッツィ―がたくさん子供を産んだあと、飼い主さんは、子犬は売って母犬は捨ててしまったのです。 本当にひどいことをする人がいますね。 だけど幸運なことに、ベッツィーの里親になってくれる人が現れたのです。

大好きな人との再会

subway

www.thedodo.com

「ベッツィーは再び彼女に会えて、とても興奮していました。はっきりと確実に、彼女のことを覚えていたのです。」
出典:https://www.thedodo.com/dog-left-at-subway-new-york-1998430743.html

ベッツィーが里親の家へ行く前に、地下鉄のプラットホームで最初にベッツィーを助けてくれたボロックさんが、避難所を訪れてきました。 ベッツィーは彼女のことを本当によく覚えていて、彼女を見つけるなり興奮してとても喜んだそうです。 自分の命を助けてくれた人を理解していて、とても感謝している気持ちがあることが分かりますね。 里親の家に行ってもベッツィ―がたくさんの人と触れ合って、大切な絆をたくさん増やしていってほしいと思います。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー