103回目の誕生日を迎えたお婆ちゃん。ずっと願っていたプレゼントに笑顔がはじけた

103回目の誕生日を迎えたお婆ちゃん。ずっと願っていたプレゼントに笑顔がはじけた

2711
update

米ユタ州にある養護老人ホームに暮らす女性リリアンさんは御年103歳のスーパーご長寿。そんなリリアンさんのために施設のスタッフと友人達はサプライズパーティーを催してくれたのですが...

2711
update

リリアンお婆ちゃん、おめでとう!

本当に103歳なの?

01

www.facebook.com

先日103歳を迎えたリリアンさんのために、彼女の暮らすRidgeview Gardens Assisted Livingではサプライズパーティーが開かれました。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

とても100歳超えとは思えない生き生きとしたリリアンさん。 笑顔が素敵なおばあちゃんですね。 そんな彼女のために粋な計らいを計画してくれた施設のスタッフやご友人達。 本当に素敵ですね。 日本だとちょっぴり暗いイメージが付きまといがちな老人ホームですが、こちらの施設はとても明るい雰囲気で羨ましいですね。

青空の下のパーティー

02

www.facebook.com

食べきれないほどのたくさんの料理とお誕生日のデコレーションも用意されとても賑やかな雰囲気でしたが、本当のサプライズはここからだったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

明るい陽射しの下で素敵なバースデーパーティー進行中のようですが、本当のサプライスはここからとは、一体どういうことなのでしょうか。 なにか大きなプレゼントでも用意されているのでしょうか...

心にぽっかり空いた穴

03

www.facebook.com

リリアンさんは数年前に愛猫のサミーを亡くし、それ以来彼女の心にはぽっかりと穴が開いていました。そして再び猫と暮らしたいという願望がいつも彼女の心にありました。それこそが彼女の誕生日の願いだったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

お年寄りの方にとって犬や猫の存在は心を癒してくれる大切な存在となり得ます。 そんな大切な相棒を亡くし心を痛めていたリリアンさんの気持ちを考えると、とても切なくなりますね。 しかもここは老人ホーム。 我が家のように自由に犬や猫を飼う事は恐らく許されていないでしょう。

しかし...

その頃、街の反対側では...

04

www.facebook.com

リリアンさんの誕生日前に施設のスタッフは地元のシェルターに問い合わせをし、9歳のマーリーという猫に家族が必要なことを知りました。マーリーの穏やかで甘えん坊な性格はリリアンさんにぴったりだったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

こちらがシェルターで家族を探していたというマーリーです。 猫ちゃんにもやんちゃな気質やツンデレな気質などいろんな子がいますが、ご長寿のリリアンさんには穏やかで優しいマーリーのような猫が完璧マッチかもしれませんね。

これはご対面の時が楽しみですね。

その時はやって来た

05

www.facebook.com

パーティーの最中、ついにリリアンさんとマーリーのご対面が実現しました。
「リリアンさんはびっくりして大喜びだったよ。すぐにマーリーを膝に乗せて抱っこしてたよ」マーリーを連れて来たシェルタースタッフのジョーさんはそう話します。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

リリアンさんに気付かれぬようにそっと背後に忍び寄りマーリーを手渡したジョーさん。 そしてリリアンさんは一瞬"え?"というリアクションをされていますね。 しかしマーリーは躊躇する事なくリリアンさんの腕の中へ。 これはもういい予感しかしませんね。

ただの訪問だと思ったら...

07

www.facebook.com

「リリアンさんはマーリーが誕生日のために訪問しただけだと思ったみたいだよ。でもそうじゃないと聞くと笑顔がはじけて涙を流しながら喜んでくれたんだ。二人の相性もバッチリだったよ」とジョーさん。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

マーリーを愛おしそうに見つめて抱きしめるリリアンさん。 それは亡きサミーとの失われた時間を取り戻しているようです。 こんな素敵な瞬間に立ち会う事ができたジョーさんや施設のスタッフの方がなんだか羨ましいですね。

みんな笑顔に

08

www.facebook.com

ジョーさんと施設のスタッフはリリアンさんの部屋を猫と暮らせるよう整えました。その間もリリアンさんはマーリーに会いたくて待ちきれない様子でした。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

こちらはリリアンさんとシェルタースタッフのジョーさん、そして施設スタッフさんとのスリーショットです。 みんなの顔に笑顔が浮かび、そこには幸せオーラが全開です。 しかしここでちょっと疑問が... 最近飼い主が亡くなり取り残されるペットのことが社会的な問題となっていますが、リリアンさんも103歳のご高齢。 まだ9歳と先のあるマーリーのお世話を一人でするのは難しいような気がしますが...

103回目の誕生日は忘れられない1日になった

09

www.facebook.com

サプライズパーティーは大成功に終わり、マーリーは施設のスタッフや住人からも愛情をもらっています。それは簡単に忘れることのできない一日となったのです。
出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/103-year-old-woman-surprise-cat-birthday

最近日本でも動物達が老人ホームなどの施設を訪問するセラピープログラムが実施されるようになって来ましたが、ホームの住人が猫を飼えるなんて実に画期的なアイデアでしたね。 そしてここならスタッフ達が付いていてくれますから、万が一リリアンさんの身に何かが起きても、後見人の心配をすることもありませんね。 これから先、リリアンさんとマーリーができるだけ長く一緒に楽しくいられますように。

この素敵な出会いに乾杯!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー