3種類ある「アカナキャットフード」価格や栄養の違いは?詳しく紹介!

3種類ある「アカナキャットフード」価格や栄養の違いは?詳しく紹介!

6141
update

アカナはカナダ産の厳選された原材料のみを使用した高級プレミアムフードです。高い安全性と品質を持った注目されているキャットフードの一つといえるでしょう。今回はそんなアカナがどんなキャットフードなのか?それぞれの特徴や価格について見てみたいと思います。

6141
update

アカナはカナダ産の厳選された原材料のみを使用した高級プレミアムフードです。高い安全性と品質を持った注目されているキャットフードの一つといえるでしょう。 アカナは全部で3種類「ワイルドプレイリー」「パシフィカ」「グラスランド」があります。

今回はそんなアカナがどんなキャットフードなのか?それぞれの特徴や価格について見てみたいと思います。

アカナのキャットフードとは?

キャットフード

Nataliia Dvukhimenna/shutterstock.com

アカナはカナダが原産の人気の高いキャットフードです。 同じく高級プレミアムフードとして人気の高い「オリジン」と同じ会社から販売されており、アカナはオリジンよりもコスパの良いフードです。値段が安い分品質が落ちているか?と言ったらそんなことはありません。猫にとって必要な栄養素がしっかり摂取できる高品質なキャットフードです。

アカナの特徴

アカナの特徴はネコが本来必要としている「生物学的に適正なフード」の研究、開発、製造をしています。 肉食動物である猫にとって必要な肉や魚をメインにしており、野菜やフルーツも使用することでビタミンやミネラルも補給できるようになっています。使用している肉や魚は自然の中で育てられた新鮮なものを使用していますし、抗生物質やホルモン剤が用いられることもありません。 そんな肉や魚が全体の70%を占めていますので、良質の動物性たんぱく質がたっぷり摂取できるといえるでしょう。

また猫がアレルギーを起こす恐れがあるとされている小麦やトウモロコシは一切使用していません。これらはネコが消化しにくいばかりか、皮膚炎や毛並みの悪化を引き起こす可能性があるといった恐れもあります。

さらにアカナのキャットフードの調理の際には水を足して調理しません。素材から出る水分のみで調理を行うため、素材そのものの旨味や栄養をそのまま閉じ込めているのです。ですから嗜好性の高さはお墨付きといえるでしょう。

そしてアカナは保存料や化学物質は一切使用していません。キャットフード作りに使用する食材はどれもとれたて新鮮で、すべて冷蔵庫で管理し24~48時間以内には調理されます。ですから保存のための薬品を使う必要がありません。 もちろん製造工程においても、合成保存料や着色料といった添加物は使用しません。安心して愛猫に与えることができます。

アカナキャットフードの種類

アカナのキャットフードは全部で3種類あります。

・ワイルドプレイリーキャット ・パシフィカキャット ・グラスランドキャット

どれも全猫種、全年齢対応になっています。違いは使用している原材料です。ではそれぞれの原材料や特徴を見ていきましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

グレインフリーを気にされる猫ちゃんにはタンパク質と脂質がメインなのでいいかもしれませんね。うちの猫は腎臓が弱いので高タンパクすぎてあげられませんが、お友達の家ではアカナの鶏肉メインのものワイルドプレイリーキャット?をあげていました。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー