プレミアムキャットフード「オリジン」全種類をまとめて紹介!

プレミアムキャットフード「オリジン」全種類をまとめて紹介!

6079
update

プレミアムキャットフードの中でも特に人気が高いのが「オリジン」です。今回はそんなオリジンのキャットフードを紹介したいと思います。愛猫のための新たなキャットフードを探している方は参考にされてみてはいかがでしょうか?

6079
update

プレミアムキャットフードの中でも特に人気が高いのが「オリジン」です。以前はカナダで製造されていましたが、リニューアル後アメリカのケンタッキー州で製造販売されるようになったキャットフードですが、日本での愛用者も増え続けている今注目のキャットフードの一つです。

今回はそんなオリジンのキャットフードを紹介したいと思います。愛猫のための新たなキャットフードを探している方は参考にされてみてはいかがでしょうか?

オリジンってどんなキャットフード?

猫

Andrey_Kuzmin/shutterstock.com

「オリジン」は「起源」「始まり」を意味するラテン語から取られています。 犬や猫が元々食べていた食事を再現したいという熱意のもと生まれたのがこちらの「オリジン」です。生物学的に適正な新鮮食材を使用したオリジンは猫のことを考えた最高のキャットフードです。

犬や猫の満足感や健康、たくましさを維持することをサポートしています。

そんなオリジンはペットフードメーカーの中でも世界で最も多くの賞を受賞しているペットフードです。その中には安全性の高いペットフードだけがもらうことのできる「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」も受賞しています。 アメリカのペットフードランキングでも世界で唯一全種類のペットフードが六つ星を獲得しています。

これはいかにオリジンの品質が良いかがうかがえるのではないでしょうか? そのため世界はもちろん、日本でも年々愛用者が増えています。

オリジンの特徴

オリジンの特徴は何でしょうか?

新鮮な原材料

原材料

279photo Studio/shutterstock.com

オリジンの特徴の一つは「厳選された原材料」です。

オリジンは原材料にこだわりを持っています。 オリジンで使用している原材料はほとんどが地元で手に入れた新鮮で安全なものを使用しています。抗生物質やホルモン剤を一切使用せずに育てられた放し飼いの鶏や家畜の肉、天然の魚、新鮮な野菜やフルーツのみを使用しています。もちろんすべて人間が食べることができる原料のみです。

そんな品質の良い原材料を新鮮なうちに調理します。通常ペットフード加工には原材料を冷凍したり解凍したりを繰り返して作られていきます。 しかしオリジンの場合は仕入れた原材料は冷凍せず冷蔵保存して、2日以内に調理されます。ですから余計な化学添加物を使用する必要はないのです。 オリジンで使用している原材料が新鮮で品質の良いものであることが十分伝わるのではないでしょうか?

さらにオリジンの公式サイトには原材料の生産者が顔写真とともに紹介されています。原材料の産地が明らかになっていること、誰が生産したものなのか明らかにしていることは、原材料の品質にも確かな自信があることがうかがえます。

妥協なしの製造方法

オリジンのフードはすべてアメリカのケンタッキー州にある自社工場にて作られています。人用の食品加工産業と同じレベルのペットフードキッチンです。

新鮮な肉や魚、野菜やフルーツが新鮮なまま運ばれ調理されます。すべての行程において徹底した管理が行われています。信頼できるところからのみ仕入れた原材料を一貫した管理のもと製造されています。すべての行程が細部に至るまで管理されているためたいへん安全性が高いといえます。このようなキッチンは世界でも初めてで、最先端の食品加工技術が駆使されています。

猫に適した高たんぱく、低炭水化物

オリジンのキャットフードは高たんぱく低炭水化物になっています。猫の生物学的に適正なたんぱく質レベルになっています。つまり猫の体に自然な食事を再現しているのです。 猫は完全な肉食動物ですので、必要なのは動物性たんぱく質で、猫の本来の食事には炭水化物はほとんど必要ありません。

そこでオリジンのキャットフードは原材料の85~90%に肉を使用し、炭水化物としては低GI炭水化物のレンズマメやひよこ豆を使用することで、炭水化物量を極力制限しています。 またいろいろな家畜の肉を組み合わせることで、猫が必要とする必須アミノ酸をすべて配合しています。

オリジンにメリット・デメリット

こだわりの詰まったオリジンのメリットとデメリットは何でしょうか?

オリジンのメリット

オリジンの最大のメリットは「品質の良さ」です。猫のことをよく考えた高品質のキャットフードと言えます。

まずは猫がアレルギーを起こしやすい穀物や牛肉などは使用していません。猫は肉食動物であるため穀物の消化は苦手としています。そのため穀物、炭水化物は消化器官に負担をかけるため消化不良を起こしたり、アレルギーを起こすことがあります。しかしオリジンのキャットフードは穀物を使用せず、炭水化物も少ないので、血糖値の急激な上昇を抑えることのできます。

また使用している原材料が高品質なもののみを使用しています。多くのフードに使用されている「副産物」「ミール系」など、どんな原料を使用しているかわからないものは使用していません。人間が食べることができる原料のみを使用しているというのは高く評価できる点です。 また調理のすべてを自社工場のみで行い、外部に委託しないため、安全性が高まっています。

そしてオリジンのキャットフードには添加物が使用されていません。 市販のキャットフードにはおいしそうに見せるための着色料や日持ちさせるための保存料が多く使用されていますが、オリジンのキャットフードにはそういった余計な添加物を使用していないので、安心して愛猫に与えることができます。

オリジンのデメリット

オリジンのデメリットはただ一つ「値段が高い」ことです。

原材料にこだわり、徹底した管理のもとつくられたフードですので、価格は高くなっています。 1キロ当たり3.500円ほどするので、市販の安いキャットフードに比べたら何倍にもなります。そのため経済的に続けることを難しく感じる方もいるかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア♪
6 名無しさん
通報

余計な化学添加物を使う必要がないようにと、考えて作られていると、飼い主としては安心ですし、ものすごくありがたいなと感じます。できる限り体にとって不必要なものは取り入れさせたくないと思っているので、助かります。

5 名無しさん
通報

オメガ3やDHA、EPAなどが豊富に含まれているところが特に魅力に感じます。このような成分は、健康に長生きするために大切と聞きましたから、日々欠かさないようにしてあげたいんです。体に良い成分は積極的に取り入れないとです。

4 名無しさん
通報

一キロで3500円は高いですね。キャットフードはずっと食べるものだから、買い続けるには痛い額に感じます。10キロで3万円を優に超えてしまいますもん。素晴らしい商品であっても、この値段ですと継続するのは難しいかも。

3 名無しさん
通報

高品質というところに惹かれましたけど、値段を見ると、すごく高くて、なかなか気軽に試そうって思えない価格設定ですね。やはり質が高いだけありますね。キャットフードは毎日食べるものなので、高いとその分、フード代がどんどんかさむので、どうしようかなというところです。

2 名無しさん
通報

オリジンいつも買ってます!確かにもっと安くなってくれたらありがたいけど!

いつもアマゾンで買ってるので運ぶ手間もなくて助かってます。

風味は確かめられないのでいつも同じの買ってましたが、5種類あるんですね。他のも試してみたいです。

1 名無しさん
通報

厳選された原材料を使っているにしても、1kgで3,500円は高すぎると思います。

誰でも気軽に買える値段ではない。結局良いものは高いってことですよね。

ご飯なんて毎日食べるものなんだから抑えられるとこは抑えたいというのが本音ですけど。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー