愛犬が散歩中に行方不明に。目も耳も不自由な犬の突然の失踪にはある理由があった。

愛犬が散歩中に行方不明に。目も耳も不自由な犬の突然の失踪にはある理由があった。

1545
update

ペットも歳を重ねると色々な健康問題を抱えます。例えば耳が遠くなってしまったり、目が見えにくくなってしまったりすると、危険から守るために飼い主さんは愛犬の行動を常に観察する必要があります。そんな中、アメリカのサンディエゴである事件が起こっていました。

1545
update

それはほんの数分の間の出来事だった

いつも気を付けていたのに

01

fox5sandiego.com

ジャックラッセルテリアのハイディは14歳。彼女は目も見えず耳も聞こえません。そのため飼い主のマイクさんはハイディの行動にいつも目を配っていました。そんなある日、ハイディが忽然と姿を消してしまったのです。
出典:https://www.littlethings.com/heidi-deaf-blind-dog-safe-vcom/

こちらがマイクさんの愛犬ハイディです。 御年14歳というおばあちゃんワンコのハイディの足取りはとても弱々しく、更には目も耳も不自由なことからとても一人で脱走するとは考えられないのですが...

それではなぜハイディはいなくなってしまったのでしょうか。

失踪の重大な理由

02

fox5sandiego.com

マイクさんはいつもの散歩道でハイディをノーリードで歩かせていました。無論、注意深く監視はしていたものの、ハイディが一人で遠くへ行くとは想像すらしていませんでした。しかしその日、ほんの数分目を離している隙にハイディがいなくなってしまったのです。
出典:https://www.littlethings.com/heidi-deaf-blind-dog-safe-vcom/

こちらがマイクさんが実際に毎日愛犬達と散歩をしていたという場所です。 一見すると丘の上にある安全そうな遊歩道ですが、左の方に目を向けてみると斜面になっているのがわかります。 そして斜面を下りきったところには車の往来の激しい高速道路が! もしやハイディ、ここから転落してしまったのでは... 最悪のシナリオが頭をよぎります。

諦めかけていたその時

03

fox5sandiego.com

マイクさんは何日もハイディを探しましたが見つかりませんでした。しかし2週間後、高速道路事務所から連絡があり作業員が犬を保護したというのです。その時の事ををマイクさんはこう話しています。
「心臓が止まりそうになったよ。てっきりもうダメかと思ってたんだ!」
出典:https://www.littlethings.com/heidi-deaf-blind-dog-safe-vcom/

さすがに14歳のシニア犬が行方不明になると、最初に頭に浮かぶのは「死」という言葉かもしれません。 しかもハイディはただシニアというだけでなく目も耳も不自由で、自力で食べ物を探す事など到底できそうにもありません。 そのことから彼女が生きていたことすら奇跡に近いと言えるでしょう。

もう二度と離さないよ!

04

fox5sandiego.com

ハイディは失踪場所から1.6kmほどの場所で作業していた作業員3人によって発見され保護されていました。失踪中には嵐の日もあり、彼女はそれを14日間飲まず食わずで乗り越えていました。こうしてマイクさんとハイディは奇跡の再会を果たしたのです。
出典:https://www.littlethings.com/heidi-deaf-blind-dog-safe-vcom/

この事件から教訓を得たマイクさんは、それ以来ハイディをノーリードで散歩させることをやめたのだそうです。 マイクさんがハイディをノーリードで歩かせていたのは、目と耳が不自由なハイディにまだまだ健在の鼻で自然のにおいを感じさせてあげたかったことが理由だったようです。 マイクさんの気持ちを思うとなんだか切なくなりますが、愛犬の安全のためには仕方ありませんね。

もう二度と迷子になりませんように。 そして残された時間を大好きなマイクさんや相棒のワンコと有意義に過ごせますように。

ニュースになったハイディの動画はこちらで
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー