シニア犬(高齢犬)におすすめのドッグフード4選!

シニア犬(高齢犬)におすすめのドッグフード4選!

6026
update

犬の好みに合わせてドッグフードを買っていても本当にこれがシニア犬に必要な栄養素が含まれているのか心配になることもあります。ここではシニア犬におすすめのドッグフードをご紹介したいと思います。その前にシニア犬に必要となってくるものはどんなものなのか見てみましょう。

6026
update

年齢を重ねた犬の食事

犬

Sinseeho/shutterstock.com

人間と同じように犬も歳を重ねていきます。 そして、人間と同じように食生活を変える必要があります。

子犬の時には柔らかい食事をしていて、成犬になってくると固いものでも食べられるようになります。 固いものをかみ砕いたり、肉を歯ですりつぶして食べたりと成犬の間はいろいろなものが食べられます。

しかし、年齢を重ねたシニア犬といわれる歳になってくると、どうしても固いものを食べるのが難しくなったり、カロリーが高いものは身体に負担をかけてしまうので避けるようになります。 子犬の時に重要となってくる栄養素も成犬やシニア犬ではそれほど必要ではなく、ほかの栄養素が必要となってくるものもあります。

このことを考えると、バランスの取れたシニア犬にあったのドッグフードを選ぶ必要があると思われるでしょう。 ドッグフードによっては年齢で分かれているものもありますので、年齢にあったドッグフードを与えることもできます。

たくさんの種類のあるドッグフードの中から年齢で選んだとしても、多くのメーカーや味などあって選択に困る方もいらっしゃるようです。

犬の好みに合わせてドッグフードを買っていても本当にこれがシニア犬に必要な栄養素が含まれているのか心配になることもあります。

ここではシニア犬におすすめのドッグフードをご紹介したいと思います。その前にシニア犬に必要となってくるものはどんなものなのか見てみましょう。

シニア犬の身体のために

便秘7歳を過ぎるとシニア犬用に作られているフードに変えていくことができるでしょう。 ほかには消化器官が弱くなってしまったり、食欲が低下してきたりするのも老化の症状だといえます。

便が柔らかくなったり、おならやげっぷをすることが続くようになってきたら変化している時期とみられるので、徐々に食事を変えていくようにしましょう。

そのような身体の変化がみられるシニア犬に必要となってくる栄養素は、まずタンパク質が挙げられます。 タンパク質は子犬の時から必要な栄養素ですが、シニア犬は筋肉が徐々に衰えていくので、筋肉を作るアミノ酸が必要となってきます。

ですからなるべく高品質のタンパク質を摂取することが必要となってきます。

過剰に摂取するのではなく、品質の良いタンパク質をとるという点がポイントとなってくるでしょう。 脂肪についても注意が必要です。 シニア犬は運動する量が少なくなり、基礎代謝も落ちてきます。

そのため、消費量が減るので、子犬や成犬と同じ量のカロリーを摂取していると肥満になっていきます。 太るだけでなく、病気にもなってしまいますので注意が必要です。 とはいっても、全く脂肪をカットしてしまうと、皮膚や被毛に影響があって乾燥してしまいます。

ですから、低カロリーの食事をして脂肪分も必要な量を見極めて摂取する必要があるのです。 質の良い油・オイルを摂取することで皮膚や被毛によい影響を与えるものありますので、それが含まれたドッグフードを選ぶことができるかもしれません。 抗酸化栄養素というものも摂取すると健康になることができると考えられています。

ビタミン、フラボノイド、コエンザイムQ10などがあり、それらは野菜や果物、ハーブといったものの中に含まれているものもあります。 次にシニア犬で気になってくるのはお腹の中です。 お腹の中にいる善玉菌を増やすようにするなら、健康な腸内を保つことができるようになります。

年齢を重ねていくにつれて善玉菌が少なくなっていき、悪玉菌が増えていってしまいます。 その結果、お腹を壊して頻繁に下痢や便秘を繰り返してしまうようです。 善玉菌を増やすのに役立っているのが、プロバイオティクスやプレバイオティクスです。

ドッグフードにこれらを含めることによって直接腸に善玉菌を増やして腸内を健康に保つことができるようになるのです。 ほかには、シニア犬になってくると関節の痛みから動くのが億劫になってしまっている犬もいます。

そうなってくるとどんどん元気がなくなり、寝たっきりになってしまうこともあります。

それを防ぐために、グルコサミンやコンドロイチンといった足の関節の軟骨をサポートするものを取り入れることができます。 これらは軟骨の生成を促す働きがありますので、継続的に与えることによって軟骨がすり減っていくのを防げるでしょう。

これらのことを踏まえておすすめのドッグフードをご紹介します。

カナガンドッグフード

まずご紹介するのがイギリスで作られているカナガンドッグフードです。 海外製品はちょっと不安という方もいらっしゃるかもしれませんが、このドッグフードが作られてる工場は国際規格SAI GLOBALのクラスAという基準を取得した工場で作られています。

徹底して品質管理がされており、自然の原材料のみを使っていますので、安心して使用することができるのです。 粒の大きさについても配慮されており、子犬でも食べやすい小粒タイプとなっています。

原材料の動物性原材料が60%で、残りの40%は野菜とハーブという構成になっています。

新鮮な鶏の生肉が使用されており、タンパク質はもちろんのことビタミンやリンも摂取することができ、セレンという免疫力を保つことができる成分も含まれています。 原材料にはサツマイモが含まれています。 このドッグフードは全年齢の犬に、全犬種の犬に対応しているドッグフードですが、シニア犬の消化器官が弱くなることも考慮されています。

サツマイモは消化が良い原材料です。 時間をかけてゆっくり吸収されていきますので、身体への負担が少なくて済みます。

それだけでなく、エネルギーの消費に時間がかかるものですから、食べてから空腹感を感じるまでの時間が長いのです。 食べ過ぎに気を付けることができますし、食物繊維も豊富なので、腸内環境も整えることができます。

ドッグフードには珍しい海藻も含まれており、そこからミネラルを豊富にとることができます。 マリゴールドも原材料に含まれており、これは免疫力を保つのに役立つ原材料です。 カモミールはリフレッシュ効果があり、ストレスを軽減させて長生きするのに役立ちます。

クランベリーにはビタミンCが多く含まれています。 高たんぱく質であり、低カロリーのこのドッグフードは犬の理想的な栄養バランスがとられており、また消化しやすいのでシニア犬にもよいドッグフードです。

こちらの商品はドライフードが2kgで3960円、ウエットタイプが400g3缶で3960円となっています。

アランズナチュラルドッグフード

二つ目にご紹介するのが、こちらもイギリスで作られているアランズナチュラルドッグフードです。 アランズナチュラルドッグフードが作られている工場も国際規格であるSAI GLOBALのクラスAを取得している工場で作られています。

ここはなんと州議会や英国小売協会にも徹底的な品質管理をしていると認められた工場です。

これほどの評価は安心してドッグフードを使用することができる材料となります。 含まれている原材料についてもよく犬のことを考えて配分されているものとなっています。

人工添加物や肉の副産物はもちろんのこと着色料や保存料、香料などは使用されていません。 厳選された品質の良い原材料をふんだんに用いています。

主なタンパク質源となっているのは、ラム肉です。 人間でも食べられる高品質なラム肉はイギリス産の肉です。 全体の55%以上も生のラム肉が含まれており、贅沢なドッグフードだといえます。

ラム肉は消化が良いと評判の肉で、たくさんの量を摂取しなくても栄養素を十分に摂取できるので、シニア犬にとっては摂取しやすい肉だといえます。 ビタミンは過熱に弱い成分ですが、ビタミンが損なわれないよう弱い熱によって加工されています。

また野菜とハーブも含まれていて独自の配分にによって十分な栄養素を摂取できるようになっています。

亜麻仁油を使用することによって上質の脂肪分を摂取できます。 オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸を十分に摂取できるのです。アレルギーを発症してしまうような原材料は含まれていません。

例えば小麦や大豆、トウモロコシはアレルギーを発症してしまう恐れがあるといわれていますが、それらは原材料の表を見ても含まれていないことが分かります。 消化に負担もかけてしまうものですから、入っていないと安心できます。

このアランズナチュラルドッグフードラムは2kgで3960円で販売されていました。

次のページおすすめあと2選
この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

うちのワンコももうすぐ高齢?になる年齢だから色々考えなきゃなー。少しでも長生きしてほしいから、ちゃんとしたご飯あげて適度な運動もさせないとなと思いました。最近寒くなってきて毎朝のお散歩も億劫だけどワンコの為に頑張ります。

2 名無しさん
通報

うちはミニチュアダックスを飼っているんだけど、もう結構高齢だからジャンプの時の脚力が弱くなってしまった。カナガンドッグフードは結構すすめられたりしてたけど海外製だから拒否ってたけど、そろそろ真剣に考えないとなー。

1 名無しさん
通報

年をとって、昔ほど食欲がなくなり、元気がない愛犬を見るのは少し、悲しい部分もあります。

大好きだからこそ、生まれたてのワンちゃんを飼ってる飼い主さんには、

若いうちからいいものを食べさせてあげて、たくさん散歩や運動させてあげて、健康寿命を伸ばしてあげて欲しいです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー