猫ちゃん喜ぶ「ゴールデンネックス」ってどんなキャットフード?詳しく見てみよう!

猫ちゃん喜ぶ「ゴールデンネックス」ってどんなキャットフード?詳しく見てみよう!

4544
update

着色料不使用を掲げるゴールデンネックスは猫の健康に配慮したキャットフードです。配合されている栄養分を詳しくみてみましょう。他の添加物や原材料を調べてみれば、猫に安心して与えることのできる食餌なのか分析することができます。

4544
update

ゴールデンネックスとは?

猫

5 second Studio/shutterstock.com

「ゴールデンネックスお魚味とお肉味ミックス」は猫が好む食材を使用しています。

特にお魚味ミックスは、カツオ、マグロ味を、お肉味はチキンのテイストを加えています。

猫の好みや健康を考えてつくられたキャットフードです。

こだわり

ゴールデンネックスの最大のこだわりは着色料が不使用という点です。

着色料は人間の目から見てカラフルでかわいいという印象を与えるだけのものです。

猫は見た目で餌が美味しそうかどうかを判断することはありません。

石油由来の合成着色料は猫の健康にとってかえって有害な物質なので不使用というのは評価できます。

ゴールデンネックスは、猫の健康にとって大切な栄養成分を配合しています。

食いつきのいい食餌を低価格で提供しているので飼い主さんにも優しいですね。

使用原材料について

キャットフード

9dream studio/shutterstock.com

ゴールデンネックスに使用されている材料についてみてみましょう。

主原料と他の原料の中身をみるなら、猫の健康にいい食餌かどうかが分かります。

豆類(大豆ミール等)、小麦ふすま、タピオカ、とうもろこし、チキンミール、油脂類(チキンオイル、パームオイル、サーモンオイル)、ミートボーンミール、コーングルテンミール、動物性たんぱく加水分解物、フィッシュミール、かつお・まぐろエキス、塩化ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、C、B1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチン、コリン)、ミネラル類(硫酸第一鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、酸化亜鉛、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ化カリウム)、アミノ酸類(タウリン)、保存料(プロピオン酸)
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00HD4UARY?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=2127212051&ref_=dp_proddesc_0&s=pet-supplies&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

材料の詳細情報を基にして猫に必要な栄養素が十分含まれているか考えましょう。

タンパク質について

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質の最低基準では「30.0%以上」という条件を満たす必要があります。

粗たんぱく質27.0%以上、粗脂肪9.0%以上、粗繊維7.0%以下、粗灰分9.0%以下、水分10.0%以下
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00HD4UARY?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=2127212051&ref_=dp_proddesc_0&s=pet-supplies&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

ゴールデンネックスはタンパク質が27.0%以上なのでAAFCOが設けている条件を満たしていません。

肉食動物の猫が一番必要とするタンパク質は、毎回の食事でしっかりとれないといけません。

ゴールデンネックスを主食とするなら、あともう少しタンパク質量が必要です。

総合栄養食としてはあともう少しといったところです。

主要成分以外の配合成分についても詳しくみてみましょう。

粗脂肪について

猫の健康にとってある程度の脂肪分は必要な栄養素です。

ゴールデンネックスに含まれている粗脂肪はどれくらいあるのでしょうか?

AAFCOはフードに含まれる粗脂肪の最低基準も設けています。

粗脂肪は9.0%以上を満たすことが求められています。

ゴールデンネックスは9.0%以上なのでAAFCOの基準を満たしています。

猫が必要とする最低限の脂肪分を摂取できます。

次のページ主原料は何?
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー