ブルーバッファローのキャットフード『BLUE』を解析!猫にとってどう?

ブルーバッファローのキャットフード『BLUE』を解析!猫にとってどう?

8192

今回はブルーバッファローのキャットフードの成分と原材料・口コミ評判をまとめてみました。これから猫ちゃんと一緒に生活をしようと準備している方や、今お使いのキャットフードを検討している方の参考になればと思います。

8192 |

ブルーバッファローってどんなキャットフード?

キャットフード

undefined/shutterstock.com

ブルーバッファロー社の社員は根っからの愛犬家であり、愛猫家です。

彼らを家族の一員であると考えていますので「飼う」とは考えていません。

そんなブルーバッファロー米国本社のオフィスは犬や猫の遊び場であり、椅子の上や会議室などあちこちでくつろいでいるようです。

今回はブルーバッファローのキャットフードの成分と原材料・口コミ評判をまとめてみました。

これから猫ちゃんと一緒に生活をしようと準備している方や、今お使いのキャットフードを検討している方の参考になればと思います。

特長

健康のため2色の粒をブレンド!

『BLUE』は2色の粒がブレンドされたユニークなフードです。

美味しくてタンパク質など栄養豊富な「ベースギブル」(粒)にプラスして、「ライフソース™️ビッツ」(色の濃い粒)が配合されています。

これらには、どのような効果があるのでしょうか。

色が薄い粒の主原料は美味しい生肉です。

色が薄い粒が「ベースギブル」です。

猫ちゃんが喜んで食べる高品質の生肉が主原料で、全粒穀物、野菜がバランスよく配合されています。

もちろん合成の酸化防止剤、着色料、香料は使っていません。

色が濃い粒は抗酸化栄養素入りです。

抗酸化栄養素の説明をする前に『酸化』について説明を加えたいと思います。

体の酸化とは『身体のサビ』です。

リンゴを切って空気に触れたままにしておくと茶色く変色していきます。

実は同じような状態が猫ちゃんの身体でも起きているんです。

身体が酸化攻撃にさらされると、DNA、細胞、組織が傷つけられ、そのダメージが体内に蓄積すると様々な病気や老化につながっていきます。

それならば酸化の原因って何なの?「それを避ければいいじゃない!」ってことになりますよね。

酸化の原因は活性酸素です。

身体に酸化攻撃をしかけてる有害物質なんです。

紫外線や排気ガス、ストレスから生まれますが、実は呼吸からも生まれるんです。

呼吸して細胞の中のミトコンドリアからエネルギーが作られる過程で、どうしても活性酸素が生まれてきてしまうんです。

つまり猫ちゃんがただ普通に生活しているだけで病気や老化につながる活性酸素が生まれてしまうんです。

となるとなんとかして酸化を防がなければなりません。

実は身体にはもともと酸化を抑える機能として、抗酸化酵素が備わっているんです。

しかし活性酸素は常に発生し酸化攻撃を日常的にしかけてきますので、抗酸化酵素の働きだけでは対応しきれない日々を送っています。

そこで助っ人として出てきたのが『抗酸化栄養素』です。

抗酸化栄養素は、活性酸素を中和し、酸化攻撃を抑え、抗酸化酵素の働きをサポートしてくれます。

と、長々と『酸化』についての説明になってしまいましたがここから ブルーバッファロー『BLUE』の特長に戻ります。

2種類の粒のうちの色が【濃い粒は抗酸化栄養素入り】です。

この『BLUE』の【ライフソース™️ビッツ】1粒に米国の獣医師、動物栄養士が厳選したさまざまな抗酸化栄養素(ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、フラボノイド、ケルセチン、アントシアニン、カロテノイド)が入っているんです。

食材でいうとクランベリー、ブルーベリー、リンゴ、ブラックベリー、ザクロ、ほうれん草、かぼちゃです。

そしてこれらを「SUPER7」と呼んでいます。

何でこんなに入っているのでしょうか。

実は抗酸化栄養素はネットワークでお互いを助け合いながら働くんです。

なので抗酸化栄養素は幅広く摂取することによって効果を最大限に発揮することができるのです。

ということで老化や病気を招く酸化を抑える抗酸化栄養素【ライフソース™️ビッツ】がしっかりと配合されている安心できるキャットフードです。

特別な製法で栄養を守る!『コールドプロセス製法』

一般的なペットフードは高温、高圧によるものです。

しかし【ライフソース™️ビッツ】の原材料は果物や野菜です。

その抗酸化栄養素は加熱すると、栄養素が減ったり失なわれたりしてしまいます。

そのため『BLUE』は低温製法によって栄養価を無駄に失うことなく、抗酸化栄養素の働きを維持しています。

ここまでの特長で『BLUE』は品質の良さと厳選された原材料、そして考え抜かれたレシピと製法でキャットフードが出来上がっているのがお分りいただけたのではないでしょうか。

では、具体的な商品をご紹介したいと思います。

商品ラインナップ

子猫用(チキン&玄米レシピ)400g/2kg

母猫のミルクにも含まれる脂肪酸のDHAとARAを配合しています。

コリンにより、子猫の学習能力の発達と目の発育を助けます。

またタンパク質と炭水化物がバランスよく配合され、子猫の成長をサポートしてくれます。

成猫用室内飼い 体重管理用(チキン&玄米レシピ)400g/2kg

タンパク質と脂肪のバランスを配慮し、理想的な体重を維持しサポートしてくれます。

成猫用室内飼い お腹ケアサポート(チキン&玄米レシピ)400g/2kg

消化性に優れた良質の原材料を使用し、フラクトオリゴ糖を配合することにより、栄養素の消化、吸収に配慮しているお腹の健康維持に優しいレシピです。

成猫用室内飼い毛玉ケア(チキン&玄米レシピ)400g/2kg

2種類の食物繊維(オオバコ種皮とセルロース)を配合することにより、体内の毛玉の形成を軽減し、毛玉の排出をサポートします。

シニア猫用 7歳以上 室内飼い(チキン&玄米レシピ)400g/2kg

バランスよく配合されたビタミン、キレートミネラル、抗酸化栄養素が、愛猫本来の免疫力の維持をサポートします。

また、バランスよく配合されたタンパク質と炭水化物は高齢期の猫の健康維持に必要なエレルギー源となります。

次のページ大切な原材料
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー