旅先で出会った小さな命。一人の女性の勇気ある行動が一匹の犬の運命を大きく変えた。

旅先で出会った小さな命。一人の女性の勇気ある行動が一匹の犬の運命を大きく変えた。

0
update

カナダ人女性メーガン・ペンマンさんは、旅行先のタイで一匹の犬と出会いました。その犬の名前はレオ。レオは後脚に麻痺があり、そのままではいつ命を落とすかわからない状態だったことから、メーガンさんは一大決心をしたのです。

0
update

その出会いは突然訪れた

誰も助けてくれないなら、私が!

www.facebook.com

「タイのビーチでこの子が後脚を引きずっているのを見たの。タイの国内ではこの子を保護してくれる団体が見つからなくて、カナダに連れて帰ろうと思ったの」とメーガンさん。
出典:https://www.boredpanda.com/paralyzed-dog-puppy-rescue-thailand-canada-leo/

こちらがメーガンさんの出会った犬レオです。 タイは仏教徒が9割を占める国であり、その影響で殺処分をしないのだそう。 そう聞くと、犬にとっては天国のような国に思えますが、現実はそう甘くありません。 野良犬の数はバンコクだけでも10万匹を超えると言われており、レオのように障がいを持った犬が生き抜いて行くにはとても厳しい世界なのです。

動物病院でわかった事実

www.facebook.com

レオの背骨は折れており、自分の脚で歩くことは二度とできないと診断されました。
「もし私が決断してなければ、1か月以内に命を落としていたと思うの」とメーガンさん。
出典:https://www.boredpanda.com/paralyzed-dog-puppy-rescue-thailand-canada-leo/

恐らく車にはねられたであろうレオ。 レオのように怪我をしても、治療もされずそのまま放置されている犬はタイでは少なくありません。 しかしメーガンさんとの出会いによって、レオは命拾いをすることができましたね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー