ヨークチョコレートって知ってますか?チョコ色の可愛い猫について解説!

ヨークチョコレートって知ってますか?チョコ色の可愛い猫について解説!

2045
update

名前の通りチョコレート色のふわふわした被毛を持つヨークチョコレート。 まだ知名度がない猫種ですがとても飼いやすい猫として日本でも人気が出てきているのをご存知でしたか? 今回は、そんなヨークチョコレートの基礎知識とおすすめのキャットフードをご紹介します!

2045
update

ヨークチョコレートの歴史

茶色のロングコートの猫

Eric Isselee/shutterstock.com

ヨークチョコレートはアメリカのニューヨークで生まれました。

その歴史はまだ浅いもので1983年ヤギの酪農家のジャネット・チファリーさんの家で暮らしていた黒の長毛種のお父さんと白黒の長毛種のお母さんの間に突然茶色の美しい毛並みの女の子が生まれました。

その子猫にブラウニーと可愛い名前を付けました。

ブラウニーが成長し、黒い長毛種のオス猫と交配し2匹の子猫が生まれ、1匹はチョコレート色の男の子、もう1匹はホワイトとチョコレート色の混じった女の子でした。

2匹の美しいチョコレート色の被毛に興味を持ったジャネットさんは農場をキャッテリに改装して繁殖計画を進めて行きます。

1989年頃にはチョコレート色の美しい被毛を持つ猫は2匹から27匹に増え、ジャネットさんはかかりつけの獣医師を介してCFFの審査員、ナンシー・バルサーを紹介してもらい同年の9月に開催されたキャットショーで披露したところいきなり優勝します。

この出来事によって、ジャネットさんは茶色の猫の品種として確立することを決意し、スタンダードの作成等に力を注いだ結果1992年3月に努力が実りCFFで、1995年3月にCCAでチャンピオンシップスステータスを獲得したことによりアメリカ中の愛猫家に知れ渡ることになりました。

ヨークチョコレートは猫の中でも歴史が浅く、わからないことも多いのですがチョコレート色の毛並みの美しさや名前の可愛さに負けない性格が人気につながっています。

特徴

ヨークチョコレートは名前の通り、ニューヨークの地名と被毛の色がチョコレートブラウンなことから名付けられました。

目は大きなアーモンド型をしたゴールドやグリーンの美しい瞳の色をしています。

羽毛のように柔らかでミディアムの特徴的な被毛は、首・胸元で厚くなっていて色の種類はソリッド(単色)とバイカラー(2色)があります。

ソリッドはチョコレートやライラック、バイカラーではチョコレート&ホワイト、ライラック&ホワイトがあり、成長と共に色が濃くなっていきます。

子猫から大人になるまでに成長する被毛の色を楽しめる猫で、大きめの耳にふわふわの房毛、長めの首、がっちりした身体とその姿は気品に溢れています。

尻尾は先に向かうにつれて細くなっています。

がっしりした体型を持つ中型~大型の猫で平均体重はオスで6.3㎏~7.2㎏、メスで4.5㎏~5.4㎏程の大きさになるので、一般的な猫よりも大きめと言えます。

被毛の色や体型が相まって、どっしりとした印象を与えるためさらに大きく見えるのかもしれません。

ヨークチョコレートの平均寿命はまだよくわかっていないのですが、猫の平均寿命の15歳を目安に考えると良いでしょう。毎日の食事や健康管理に気を配り元気に長生きできるようにしてあげましょう。

とても魅力的な被毛を持ったヨークチョコレートですが、その被毛のお手入れは簡単で週に2~3回のブラッシングで十分みたいです。

飼い主さんの多くは長毛種の為、夏場は湿気や毛玉になるのを避けるためにサマーカットにしてあげるようです。

性格

ヨークチョコレートは非常に友好的な性格をしています。

抱っこやなでなでしてもらうことがとても大好きで、人懐っこく落ち着いた性格です。

甘えてくる姿に飼い主さんもメロメロになってしまうことでしょう。

飼い主さんの後を付いて回り、飼い主さんが大好き! 放置してしまうとストレスで体調を崩してしまうこともあるので、コミュニケーションをいっぱいとってあげましょう。

猫と触れ合いたいと思っておられる飼い主さんにおすすめです。

人やほかの動物とも仲良くすることができますが、個体によって人見知りするようなので無理に仲良くさせようとせずに自主的に行動させて見守ってあげることにしましょう。

賢くて好奇心も旺盛です。

ハンターとしても実は優秀で、狩りを楽しむような一面を持ち合わせているそうです。

運動量豊富で水遊びが大好きなので、シャンプーも怖がらず被毛のお手入れは比較的に手こずることなくできる方だと思います。

魅力

ここからは実際に飼われている方の口コミや評判も取り上げて、代表的な魅力を5つご紹介します。

知れば知るほど、ヨークチョコレートの魅力にあなたも引き寄せられるはずです。

1.毛並みがキレイ

被毛はふわふわとして柔らかく、毛並みがとてもキレイです。

チョコレート色の被毛と体格が相まって、どっしりとした印象があります。

長毛種の中では比較的抜け毛が少なく、お手入れも難しくないのがいいですね。

子猫から成長するにつれて色が濃くなり艶も出てくるのでさらに楽しみですね。

2.珍しい猫種

まだまだ認知度が高くなく、ほとんど見かけない猫ですので非常に珍しがられるでしょう。

ペットショップに問い合わせてもあまりないそうです。 特にライラック色は珍しいようです。

里親募集で探したり、ブリーダーで取り扱いがあるか相談してみると良いでしょう。 チャンピオン血筋の子の場合、費用は30万円くらいになる可能性もあります。

3.猫との触れ合いを求める方はその気持ちを満たしてくれる

とても人懐っこく、抱っこや撫でられることが大好きです。

飼い主さんについて回り、甘えん坊で可愛く、飼い主さんをメロメロにします。

飼い主さんが帰宅したときには喜んで、玄関でゴロゴロ言いながら出迎えてくれる猫もいるそうです。

鳴き声の代わりにゴロゴロと喉を鳴らして意志表示をするようです。

スキンシップを喜んでくれる猫なのでお世話していて幸せな気持ちにさせてくれるでしょう。

4.多頭飼いできる

友好的な性格なので、ほかのペットとも仲良く一緒に生活することができます。

子どもがいる家庭でも問題ないので安心して家族の一員として迎えることができるでしょう。

5.手入れしやすい

水遊びが大好きなので自然に抜け毛がキレイに流れていることもあるようなのですが、それでも週に2~3回のブラッシングでお手入れを行うようにしてください。

ブラッシングした時に被毛の状態を見てシャンプーなども適宜行なうようにしましょう。

清潔な身体を保つように心がけてあげることによって健康に長生きできるようにしてあげましょう。

猫グッズ

New Africa/shutterstock.com

飼い方と注意点

スキンシップをを好む猫なので、留守番などで一人きりにしない工夫やスキンシップを求めてきた時には可能な限り応えてあげられるようにして猫が安心できる環境を整えてあげましょう。

ストレスが病気につながることも考えられるので、愛情を行動で示してあげましょう。

食べることが大好きなので欲しがるままに食べさせてしまうとあっという間に肥満になってしまいます。

肥満になると心臓病や糖尿病のリスクも高くなりますし、関節や筋肉に負担がかかって関節炎やねんざのリスクも高まるので注意して食事の管理をきちんとして運動量にも気を配りましょう。

一般的な猫がかかりやすい泌尿器系の疾患に注意してあげるなら、健康で元気に過ごすことができます。 消化吸収の良い栄養価の高いものを選んで適切な量を与えるようにしましょう。

病気は発症すると、動物病院に行き療法食に切り替え、抗生物質で治療しなければなりません。

毎日の食事の管理とささやかな変化を見過ごさないように気を配ることによって長く健康に過ごすことができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

もふもふ!!

チョコレート色のこんな猫ちゃんみたことなかったです。日本にはあまりいないのかな。

前例があまり無いと、飼い方もわからないし難しそうですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー